ここから本文です。

「京都地球環境の日」の取組について

京都府地球温暖化対策条例において、京都議定書が発効した2月16日を「京都地球環境の日」と定め、毎年、この日を中心に、府民、事業者、環境保全活動団体等が、地球温暖化問題に対する関心や理解を深め、具体的な行動に結び付けていくための取組を集中的に実施することとしています。
今年度については、現在オンラインで開催中の「京都環境フェスティバル2020」(https://eco-study.kyoto/kanfes2020/(外部リンク))等において、以下の取組を実施します。

【京都環境フェスティバルオリジナルソングの発表】(2月16日発表)

「京都環境フェスティバル2020」において「SDGs宣言」を募集したところ、126人が宣言。集まった宣言をつなぎ合わせ、歌手さぁさ氏がオリジナルソングを作詞・作曲

【高校生による気候行動サミット】(2月16日公開)

府内高校生(8校28名)がオンラインで参加し、「ゼロカーボン社会」の実現に向けたユニークな取組や計画「半径Xkmの気候アクション」を発表し、専門家を交えて議論

【コケから考える『未来へつなぐ京都の自然環境と文化』】(2月22日公開予定)

生物多様性を未来に継承する観点から、京都ならではの特徴といえる苔庭の生育環境から、自然環境保全のあり方を、西芳寺(苔寺)や南禅寺の庭園のコケの保全の実情を通じて考える

【生物多様性を未来に繋げる為に】(2月16日公開)

「京都府立丹後海と星の見える丘公園」を舞台に、里山・里海から考える生物多様性について、現地の映像や講演等によりオンラインで楽しく学ぶ

【WE DO KYOTO!ユースサポーターによるラジオ生放送】(2月16日16時半放送)

環境問題への関心が高い大学生(7大学16名)が、京都リビングエフエムと連携したラジオ企画に取り組み、脱炭素社会の実現に向けた行動変革宣言を発表

 

参考

■ 「京都環境フェスティバル2020」特設ウェブサイト https://eco-study.kyoto/kanfes2020/(外部リンク)
期間:2020年12月20日(日曜日)~2021年2月28日(日曜日)

■ 京都環境フェスティバル2020ちらしはこちらから(PDF:2,941KB)

tirasi2

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部地球温暖化対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

tikyu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?