トップページ > 都市計画区域マスタープラン及び区域区分の定期見直しについて【第7回 府南部地域】

ここから本文です。

都市計画区域マスタープラン及び区域区分の定期見直しについて【第7回 府南部地域】

定期見直しについて

 京都府では、都市計画のうち「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」(いわゆる都市計画区域マスタープラン)及び「区域区分」(いわゆる線引き)を定期的に見直しており、府南部地域においては、令和5年度を目途に第7回目の見直しを予定しています。

 定期見直しの対象区域:京都都市計画区域、宇治都市計画区域、綴喜都市計画区域、相楽都市計画区域、南丹都市計画区域、宇治田原都市計画区域、丹波都市計画区域

「都市計画区域マスタープラン及び区域区分の定期見直しに当たっての基本方針」について

 持続可能な開発目標(SDGs)の採択や脱炭素社会の到来といった社会経済情勢の変化を考慮し、都市の健全な発展と秩序ある整備の一層の推進を図るため、農林漁業及び自然環境との健全な調和を図りつつ、都市計画区域マスタープラン及び区域区分の見直しを行うに先立ち、各市町が区域区分の変更原案を円滑かつ適切に作成できるよう、府の基本的な考え方を示すものとして策定しました。

 基本方針の対象区域:京都都市計画区域、宇治都市計画区域、綴喜都市計画区域、相楽都市計画区域、南丹都市計画区域

 

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp