ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > かかりつけ薬剤師を持ちませんか?~かかりつけ薬剤師の役割~

ここから本文です。

かかりつけ薬剤師を持ちませんか?~かかりつけ薬剤師の役割~

「かかりつけ薬剤師・薬局」は処方箋調剤だけでなく様々な働きで患者さんの健康をサポートしています。

特に複数の病院を受診している方や高齢者、妊婦、授乳婦、乳幼児等には「かかりつけ薬剤師・薬局」が求められます。

<かかりつけ薬剤師・薬局の役割の例>

  • 処方された医薬品の重複投与や相互作用の防止
  • 飲み忘れなどで残ってしまった薬の整理や管理
  • 他のお店で購入した薬のことも含む日常的なお薬の相談
  • 医師や看護師、介護関係職等と連携した在宅対応            など

 みなさんもかかりつけ薬剤師・薬局を決めて、薬だけでなく健康や介護のことなどをお気軽に相談してみませんか。

 

            <印刷用ファイル>(PDF:1,371KB)

kakari1(GIF:183KB)

kakari2(GIF:217KB)

kakari3(GIF:197KB) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?