ここから本文です。

自動車税(種別割)のグリーン化税制

1自動車税(種別割)のグリーン化税制とは

自動車の排出ガスには、地域の環境やわたしたちの健康に影響を与えるNOx(チッ素酸化物)、PM(粒子状物質)などの他、地球温暖化の要因でもあるCO2(二酸化炭素)が含まれており、その抑制が求められています。
「自動車税(種別割)のグリーン化」とは、排出ガスにそのような物質をあまり含まない環境負荷の小さい車の税率を軽くし、一方環境負荷の大きい車の税率は重くするという税制度のことです。

2グリーン化税制の内容

(1)軽課

令和2年度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)に初回新規登録をされた下表の自動車について、登録の翌年度1年間に限り、税率を軽減します。

軽減の対象自動車 軽減される率
1

電気自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド自動車・一定の排出ガス性能を満たす天然ガス自動車・クリーンディーゼル乗用車(平成21年度又は平成30年度排出ガス規制に適合したものに限る。)
※電気自動車・燃料電池自動車及びプラグインハイブリッド自動車は、登録の翌々年度についても京都府条例による軽減措置があります。(ただし、令和2年度中に初回新規登録された自動車に限る。)
※ハイブリッド自動車は1の区分に含まれません。

おおむね75%
2 ★★★★かつ令和2年度燃費基準30%向上達成
3 ★★★★かつ令和2年度燃費基準10%向上達成 おおむね50%

(注)「★★★★」は、平成30年排出ガス基準50%低減又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車。

(2)重課

初回新規登録から一定年数を経過した自動車については、次のとおり自動車税(種別割)が増額されます。

増額の対象自動車 重課率
初回新規登録から11年を経過したディーゼル車(初回新規登録日が平成22年3月31日以前の自動車)

初回新規登録から13年を経過したガソリン車・LPG車(初回新規登録日が平成20年3月31日以前の自動車)
乗用車、三輪の小型自動車、キャンピング車等の税率をおおむね15%増

バス、トラック、霊きゅう車等の税率をおおむね10%増

(注1)電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、ガソリンを燃料とするハイブリッド自動車(プラグインハイブリッド自動車を含む。)、メタノール自動車、一般乗合用バス及び被けん引車は含まれません。

(注2)初回新規登録日は、自動車検査証の「初度登録年月」欄に記載の年月を御参照ください。

関連ページ

お問い合わせ

ファックス:075-672-2995

自動車税管理事務所
京都市伏見区竹田向代町51-7