トップページ > 暮らし・環境・人権 > > 府税について(税務課のページにようこそ) > 自動車税の環境性能割・軽自動車税の環境性能割

ここから本文です。

自動車税の環境性能割・軽自動車税の環境性能割

令和元年10月1日、自動車取得税が廃止され、自動車税の環境性能割・軽自動車税の環境性能割が導入されました。
注※軽自動車税の環境性能割は市町村税となりますが、当分の間、都道府県が賦課徴収を行うこととされています。


この税金は、自動車に対して取得者に課税されるものです。

納める人

自動車(特殊自動車・二輪車を除きます。)を取得した人
(割賦販売などで売主が自動車の所有権を留保している場合には、買主)

税率

乗用車の例

燃費性能等 税率
登録車 軽自動車
自家用 営業用 自家用 営業用
電気自動車等 非課税 非課税 非課税 非課税
★★★★かつ令和12年度燃費基準85%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車
★★★★かつ令和12年度燃費基準75%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車 1.0%
★★★★かつ令和12年度燃費基準65%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車 2.0% 0.5% 1.0% 0.5%
★★★★かつ令和12年度燃費基準60%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車 1.0%
★★★★かつ令和12年度燃費基準55%達成車 3.0% 2.0% 2.0% 1.0%
上記以外 2.0%

★★★★は平成30年排出ガス基準50%低減達成車又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車

(注)詳しくは環境性能割の税率について(PDF:101KB)をご覧ください。

環境性能割の臨時的軽減

令和3年4月1日から令和3年12月31日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

燃費性能等 税率
自家用
登録車 軽自動車
電気自動車等 非課税 非課税
★★★★かつ令和12年度燃費基準85%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車
★★★★かつ令和12年度燃費基準75%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車
★★★★かつ令和12年度燃費基準60%達成車かつ令和2年度燃費基準達成車 1.0%
上記以外 2.0% 1.0%

バリアフリー対応バス・タクシー及び先進安全自動車(ASV)の取得に係る軽減措置

詳しくは環境性能割の税率について(PDF:101KB)をご覧ください。

課税標準

自動車の通常の取得価額

免税点

通常の取得価額が50万円以下の場合は、課税されません。

申告と納税

新規登録、移転登録、使用の届出などのとき、申告書を提出し、同時に納めます。

市町村への交付

府に納められた自動車税(環境性能割)の40.85%(令和元年度10月1日~令和3年度は44.65%)は、府内の市町村に対して、市町村道の面積と延長に応じて交付されます。さらに、京都市に対しては33.25%に府と京都市の国道、府道の面積と延長の割合を乗じて得た額が加算して交付されます。

関連ページ

自動車税(種別割・環境性能割)・軽自動車税(環境性能割)の障害者減免

お問い合わせ

ファックス:075-693-8414

京都地方税機構 自動車関係税申告受付センター
京都市伏見区竹田向代町51-7