トップページ > 暮らし・環境・人権 > > 府税について(税務課のページにようこそ) > 自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)について

ここから本文です。

自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)について

京都府では、「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」(以下「OSS」といいます。)の運用を開始しました。

OSSでは、自動車を保有する際に必要な手続と税・手数料の納付をインターネットで一括して行うことができます。

OSSの詳しい内容については、以下のホームページをご覧ください。

自動車保有関係手続のワンストップサービスポータルサイト(外部リンク)

国土交通省のホームページ(外部リンク)

お知らせ

利用可能金融機関の拡大について

OSSを構成するシステムの一部であり、自動車税(環境性能割・種別割)に係る申告・納付に関するシステムであるOSS都道府県税共同利用化システムは、令和5年1月4日にシステム更改を実施する予定です。

現行システムにおいては、自動車税(環境性能割・種別割)の電子納付を行う際、府が指定する金融機関をご利用いただく必要がありましたが、この度のシステム更改により、令和5年1月4日からは、指定の金融機関に限らず、税納付が可能となり、利便性が向上します。

利用可能な金融機関の詳細については、以下のページをご参照ください。
なお、更改システムへの切替後についても、OSS申請の方法等については、現状から変更はありません。

地方税ポータルシステム(eLTAX)共通納税対応金融機関について(外部リンク)

年内のOSS申請完了に関する協力依頼

現行システムから更改システムへの切り替えに際し、OSS申請の状態によっては、更改システムにおいてOSS申請を継続できなくなるケースが生じます。
令和4年中に申請された案件については、以下の期日までに余裕をもって申請・納付手続を完了していただきますようご協力をお願いいたします。

【期日】
令和4年12月27日(火曜日)まで

 

【対象の申請】
自動車税(環境性能割・種別割)について、納付番号を発行済で未納付の申請

 

なお、令和4年12月28日(水曜日)も通常どおりOSS申請を行うことは可能ですが、業務終了時点で「納付番号を発行済で未納付の申請」については、OSS申請を継続することができませんので、ご注意ください。

 

詳細は以下のページをご参照ください。

地方税共同機構(LTA)OSS都道府県税共同利用化システム更改に伴う注意喚起(外部リンク)

対象手続

新車の新規登録のほか、中古車の新規登録、移転登録、変更登録などが対象となりますが、自動車の型式や車種、取得原因、課税区分等により申請に制限があります。

詳しくは、OSSポータルサイトのチェックプログラム(外部サイト)でご確認ください。

※非課税(環境性能割の燃費基準による非課税車を除く。)、課税免除、減免の対象となる自動車については、OSSの対象となっておりませんので、従来どおり書面により窓口で申告してください。

別送書類の提出先・提出方法

OSS申請の際、別途送付いただくことが必要となる書類(以下「別送書類」といいます。)がある場合は、申請画面において該当する「別送書類コード」を入力してください。
また、別送書類の余白にOSS受付番号を記入のうえ、以下の提出先へ郵送又は持参してください。

別送書類ID 別送書類の名称
001 自動車の取得価格を証する書面(契約書、注文書など)
002 割賦販売契約書
003 登録事項等証明書
004 旧自動車検査証の写し
005 古物商許可証等
006 その他

送付先

京都地方税機構自動車関係税申告受付センター

京都府京都市伏見区竹田向代町51-7

電話番号:075-693-8455

ファックス:075-693-8414

納付可能な金融機関

金融機関名 インターネットバンキング (個人名義) インターネットバンキング (法人名義) ATM
みずほ銀行、りそな銀行、関西みらい銀行、南都銀行、京都府信用農業協同組合連合会、京都市農業協同組合、京都中央農業協同組合、京都やましろ農業協同組合、京都農業協同組合、京都丹の国農業協同組合
京都銀行、北陸銀行、北國銀行、福井銀行、滋賀銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、福邦銀行、徳島大正銀行、京都信用金庫、京都中央信用金庫、京都北都信用金庫、但馬信用金庫、中兵庫信用金庫、近畿産業信用組合、近畿労働金庫(注) ×
京滋信用組合 × ×

 

関連リンク

OSSの詳細やご利用方法については、以下をご覧ください。

自動車保有関係手続のワンストップサービスポータルサイト(外部リンク)