ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 犯罪被害者支援の取組

ここから本文です。

犯罪被害者支援の取組

京都府犯罪被害者サポートチーム

京都府・京都府警察と共催で「いのちを考える教室」を実施しています

京都府犯罪被害者サポートチーム運用中です。

犯罪被害者等施策市町村担当者研修会

平成28年度犯罪被害者等施策市町村担当者研修会を開催しました。(平成28年6月16日、平成28年12月13日)

平成27年度犯罪被害者等施策市町村担当者研修会を開催しました。(平成27年6月12日、平成28年2月18・22日)

平成26年度犯罪被害者等施策市町村担当者研修会を開催しました。(平成26年6月10日)

生命(いのち)のメッセージ展in京都を開催しました

平成28年11月13日10時から16時までの間、京都市南区新町通九条下る 京都テルサにおいて、生命のメッセージ展を開催しました。約850名の皆様に御来場いただきました。

生命(いのち)のメッセージ展とは

殺人・悪質な交通事犯・いじめ・医療過誤・一気飲ませなどの結果、理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役のアート展です。

〇161命(めい)のメッセンジャーの展示

〇「生命(いのち)のミュージアム」の物品販売、寄付金受付等

〇ホンテリング・プロジェクト(古本寄付で犯罪被害者支援を)→51冊の古本の御寄付をいただきました。

〇龍谷大学付属平安中学・高等学校生徒による一行詩(書道作品)の展示

〇京都ヒューマンフェスタ2016スタンプラリーへの参画 

〇映画「ゼロからの風」の上映 

〇少年犯罪被害者「ゆう」の会代表青木和代氏(犯罪被害者遺族)による御講演

「いのちを大切に」~少年法改正の前日に命を奪われて~

等の内容で実施しました。

来場者からは、

〇孫と一緒に伺いました。生命の大切さを何より感じこれから生活してくれると思っています。願っています。

〇亡くなって仕方のない生命などどこにもないという当たり前のころをこの年齢になって再度認識しました。残る者は、これらの悲しい事実を更に広く多くの人に伝えていく努力を続けていくべきだと思う。

〇誰もが他者から命を奪われることのない世の中になってほしいと強く感じます。

〇加害者には将来があるのに被害者にはない。それに加害者の名前も公表されず、加害者が守られるのはおかしい。自分の行動1つで救える命もある。

等の意見をいただきました。

一行詩  メッセージ展

犯罪被害者等を対象とした府営住宅空家特定目的優先入居6月募集の御案内(5月30日から6月14日まで)

京都府安心・安全まちづくり推進課では、下記のとおり犯罪被害に遭われたことにより、従前の住宅に居住することが困難となった方を対象とした府営住宅の優先入居の募集を行います。

年3回の募集を予定しています。

                                  記

1 募集期間 平成29年5月30日(火)から6月14日(水)土曜、日曜日、祝日を除く

2 申込場所 京都府安心・安全まちづくり推進課(075-414-5076)

3 申込方法 必要書類を持参してください。

4 入居予定時期 平成29年8月下旬頃

5 申請書

  6月募集案内(PDF:369KB)

 

  申請様式

犯罪被害者週間(11月25日から12月1日)

 

犯罪被害者週間京都大会を開催しました。(平成27年11月14日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部安心・安全まちづくり推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5079

ファックス:075-414-4255

anshinmachi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?