ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 文化庁地域文化創生本部

ここから本文です。

文化庁地域文化創生本部

地域文化創生本部について

「地域文化創生本部」(文化庁HPリンク)

1.設置趣旨

文化庁の全面的な移転の第一歩として、京都市内に地域文化創生本部を設置し、本格移転の準備とともに、新たな政策ニーズに対応した事務・事業を地元の知見・ノウハウ等を生かしながら先行的に実施する。

2.設置時期

平成29年4月1日 

3.庁舎の場所

地域文化創生本部
地域文化創生本部庁舎

京都市東山区東大路通松原上る三丁目毘沙門町43-3(京都市上下水道局旧東山営業所)(外部リンク)

4.本部の組織

本部長    文化庁長官

本部長代理 文化庁次長

副本部長   長官官房審議官、文化部長、文化財部長、文化財鑑査官

事務局(京都に常駐) 事務局長以下38名(平成29年度予定)

(参考)事務局職員の内訳(平成29年度)
文部科学省・文化庁 10
地方公共団体

16(京都府5、京都市5、関西広域連合構成団体6)

企業・経済団体 4
大学等研究者 3
大学事務職員 2

ほかに、事務補佐員を3名

5.主な業務

(1)総括・政策研究グループ

本部の総括、本格移転に向けた準備、新たな政策課題への対応のための調査研究、文化芸術創造都市づくりへの支援、東アジア文化都市2017への支援など

(2)暮らしの文化・アートグループ

文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業、芸術祭関西公演、全国高校生伝統文化フェスティバルの開催、伝統文化親子教室事業など

(3)広域文化観光・まちづくりグループ

観光拠点形成重点支援事業、歴史文化基本構想の策定支援など

6.その他

(1)テレビ会議等ICTを活用しつつ、東京・京都を結んだ本部会議を定例的に開催。

(2) 本部と地元(京都府、京都市、京都商工会議所、関西広域連合、関西経済連合会)との事業面での連携・協力を図るため、「地域文化創生連絡会議」を設置予定。

文化庁地域文化創生本部設置記念式典

平成29年4月9日(日曜日)、文化庁地域文化創生本部の設置を記念する式典が開催されました。

「文化庁地域文化創生本部設置記念式典の開催について」(文化庁HPリンク)

出席者

松野文部科学大臣
山本地方創生担当大臣
宮田文化庁長官
山田京都府知事
門川京都市長
立石京都商工会議所会頭
その他国会議員、京都府議会議員、京都市会議員、文化芸術関係者 など

(出席者合計 約450人)

式典の様子

記念式典知事挨拶
知事挨拶

記念式典鏡開き
鏡開き

開所式

平成29年4月3日(月曜日)、文化庁地域文化創生本部の開所式が行われました。
銘板の除幕や挨拶・祝辞などが行われたほか、閉会後には、京都(文化庁長官ほか)と東京(文化庁次長ほか)をテレビ会議システムで結んだ第一回本部会議が開催されました。

「文化庁地域文化創生本部の開設について」(文化庁HPリンク)     

除幕の様子
除幕の様子

知事祝辞
知事祝辞

お問い合わせ

政策企画部文化庁移転準備室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

bunkacho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?