ここから本文です。

緑茶カテキン類

緑茶には約10から14パーセントのカテキン類が含まれています。
主なカテキン類は、(-)-エピカテキン(-EC)、(-)-エピカテキンガレート(-ECg)、(-)-エピガロカテキン(-EGC)、(-)-エピガロカテキンガレート(-EGCg)です(図「主なカテキンの構造」参照)。
特に(-)-エピガロカテキンガレート(-EGCg)の含有量が多く、カテキン類の約50から60パーセントを占めています。

図 主なカテキンの構造

(-)-エピカテキン

エピカテキンの構造図

(-)-エピガロカテキン

エピガロカテキンの構造図

(-)-エピカテキンガレート

エピカテキンガレートの構造図

(-)-エピガロカテキンガレート

エピガロカテキンガレートの構造図

カテキン類には次の機能性があるといわれています

  • 抗ガン作用
  • 抗酸化作用
  • 血圧上昇抑制作用
  • 血糖上昇抑制作用
  • 体脂肪蓄積抑制作用
  • 抗菌作用
  • 虫歯予防作用
  • 抗ウィルス作用
  • 消臭作用
  • 抗アレルギー作用

など

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

電話番号:0774-22-5577

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?