ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 茶業研究所(宇治茶部)

ここから本文です。

茶業研究所(宇治茶部)

京都府の重要特産物である宇治茶について茶業者の経営の安定向上と消費者ニーズに応えるため、高品質化とともに品種育成、環境保全、省力化、製品開発を主とした研究開発に取り組んでいます。

庁舎 試験茶園

最終更新日:2017年2月21日

更新情報

 2017年2月21日 平成28年度茶業研究所月報を更新しました

  2017年2月6日    新着トピックス更新(平成28年度茶業研究所研究報告会開催)

  2016年12月1日    (※11月30日受講生募集締め切りました)平成28年度宇治茶アカデミー開催!(詳細

 

新着トピックス

(※終了しました)平成28年度茶業研究所研究報告会を開催します

 宇治茶の飛躍的拡大に向けて、安心安全かつ高品質な茶の生産が求められています。
 そこで本年は、宇治茶の輸出拡大をめざした安心安全な茶生産技術や高品質茶の生産拡大に向けたてん茶の栽培・製造技術について報告します。

 日時: 平成29年2月10日(金曜)14時00分~15時00分

 場所: 宇治茶会館 大ホール(宇治市宇治折居25番地2)

 報告内容

      ア 安心安全な茶生産のための病害虫防除 ~宇治茶の輸出をめざして~(14時00分~14時40分)

         栽培担当      主任研究員  山下 幸司

 

      イ 被覆及び製造条件が「展茗(てんみょう)」の色沢(色合い)に与える影響 (14時40分~15時00分)

         栽培担当      副主査      松田 智宏
         製造・化学担当    技 師      松浦 健人

 

 対象: 府内の茶生産者及び関係機関等

 

 問合せ: 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所(宇治茶部)

        電話:0774-22-5577

 主催

  京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所

  京都府茶生産協議会

 

平成28年一番茶萌芽・生育状況及び実収報告について

 資料集のページにアップしました。

 

研究所の概要

茶業研究所のあゆみ、施設、研究課題、研究成果や道路案内があります。

近年の試験成果

近年の試験成果の一部を紹介します。

お茶豆知識

お茶の栽培、製造、化学に関すること、宇治茶の歴史の紹介があります。

資料集

京都府奨励品種の特性や、過去の萌芽情報等があります。

月報

研究所の活動を報告する月報があります。

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

電話番号:0774-22-5577

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?