ここから本文です。

お茶のおいしい入れ方 玉露

準備するもの:急須、茶碗、湯冷まし、茶さじ

1 使用する急須や湯呑みにお湯を移し入れて温めておきます。

2 沸騰させたお湯100ミリリットルを湯冷ましに入れて、50から60度になるまで冷まします。湯冷ましがない場合は、1で茶器を温めたお湯を使って下さい。

3 急須にお茶の葉を約10グラム( 茶さじ2杯分 )を入れます。

4 湯冷ましのお湯を急須に注ぎ、約2分半( 茶葉が5から6割開く程度 )待ちます。

5 それぞれの茶碗に均等に注ぎ、最後の一滴までしぼりきります。
急須の中にお湯が残ってしまうと、二煎目以降の味が落ちてしまいます。

6 独特の香り( 覆い香 )と濃厚なうま味、甘みを楽しみましょう。

7 二煎目以降を入れるときは、お湯の温度を徐々に高くし、浸出時間を短くします。

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

電話番号:0774-22-5577

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?