ここから本文です。

お茶のおいしい入れ方 抹茶

準備するもの:抹茶茶碗、茶せん、茶杓(ちゃしゃく)

ポイント

  • 一度沸騰させたお湯を他の茶碗などに移して、温度を下げてから使います。
  • 抹茶は一度茶こしでふるい、ダマをなくしてから使います。
  • 茶碗と茶せんは温めておきます。

1 ふるった抹茶を茶杓2杯分( 約1.5グラム )茶碗に入れます。

2 70から80度に冷ましたお湯を70ミリリットル準備し、そこから少量を茶碗に注ぎ、ダマができないように、茶せんで溶くようにして混ぜます。

3 残りのお湯を注いで、手首を前後に動かして最初は小刻みに、次は表面を整えるようにして混ぜます。大きな泡ができたら茶筅の先でつぶし、表面を整えるときれいに見えます。

4 泡が細かいほど口当たりがなめらかでおいしく仕上がります。
おいしいお菓子と一緒にゆっくり味わいましょう。

  • 抹茶茶碗がなければカフェオレボウルなど、何でも代用できます。
  • 茶杓がないときには、ティースプーンを使って下さい。その場合軽く1杯で1.5グラムです。
  • お湯の温度は夏はやや低め、冬はやや高めにするとおいしくいただけます。

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

電話番号:0774-22-5577

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?