ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > 犬・猫についてのご相談

ここから本文です。

中丹広域振興局

犬・猫についてのご相談

1犬・猫を飼い始めるとき

犬も猫も命のある動物です。大事に育てれば、10年以上生きます。必ず動物の命が終わるまで飼い続けられるかをよく考えた上で、飼い始めてください。

犬を飼い始める場合、飼い始めてからすぐに(生後90日以内の犬であれば、生後90日を超えたら)、登録が必要です。お住まいの各市役所へお問い合わせください。また、生後91日以上の犬は狂犬病予防接種をすることも義務づけられています。

お問い合わせ先

綾部市福祉保健部保健推進課:0773-42-0111

舞鶴市市民環境部環境対策室生活環境課:0773-66-1005

2犬・猫を逃がしてしまったとき

保健所又は警察が保護していたり、保護された方からの情報を把握している場合があるので、直ちに連絡してください。
保健所で保護された犬・猫は一定の公示期間中に飼い主が見つからない場合、処分されてしまうことがあります。

お問い合わせ先

中丹東保健所環境衛生室衛生担当:0773-75-1156

綾部警察署:0773-43-0110

舞鶴警察署:0773-75-0110

 3犬・猫を飼えなくなったとき

引っ越しや家族環境などの状況の変化により、犬・猫をどうしても飼えなくなった時は、新しい飼い主を捜してください。ご近所や知人にお願いしたり、インターネットや地元の新聞紙、情報誌にて募集したりするほか、ボランティア団体で飼い主捜しに協力してもらえる場合もあります。

また、咬み癖等の問題行動は、しつけでも直すことができます。犬の訓練士などにご相談ください。

どうしても飼い主が見つからない場合は、保健所にご相談ください。

なお、動物を捨てることは法律で禁止されており、100万円以下の罰金が科せられることがあります。

お問い合わせ先

中丹東保健所環境衛生室衛生担当:0773-75-1156

4犬・猫が亡くなったとき

動物が亡くなったときは、お住まいの市町村に火葬をお願いする事ができます。各市役所にお問い合わせください。

また、民間業者に葬儀や火葬を依頼することもできますので、電話帳やホームページなどでご確認ください。

なお、犬が亡くなったときには各市役所へ死亡届を出してください。

お問い合わせ先

綾部市市民環境部環境保全課:0773-42-1489

舞鶴市市民環境部環境対策室生活環境課:0773-66-1005

注)民間業者の紹介はしておりません。

5お願い

全国で年間に20万頭弱の犬・猫が処分されています。人間の勝手な都合で家族の一員である動物を処分してしまっていいのでしょうか。飼い主の方はこのことを十分に考えてください。

動物を飼育する時は最期まで責任を持って面倒を見られるかよく考えてから飼い始めましょう。

また、飼育している犬や猫にはできる限り避妊、去勢手術を受けさせてください。

人間の勝手な都合により処分されてしまう不幸な動物を減らすことができるよう、ご協力をお願いします。

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹東保健所

舞鶴市字倉谷1350-23

ファックス:0773-76-7746

chushin-ho-higashi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?