ホーム > 産業・しごと > 入札情報 > 京都府電子調達ホームページ

ここから本文です。

京都府電子調達ホームページ

新着情報

 京都府電子入札システムの推奨環境について (平成26年10月6日掲載)       

  平成26年10月6日付けで京都府電子入札システムの推奨環境を変更しましたのでお知らせします。 

  1. 推奨環境から除外されるもの(OS)
    ・ Windows Vista Business SP1 
  2. 推奨環境に追加されるもの
    (1) OS
      ・ Windows 8.1 ( 32bit ・ 64bit )
      ・ Windows 8.1 Pro ( 32bit ・ 64bit )
    (2) ブラウザ
      ・ Internet Explorer10
      ・ Internet Explorer11
      電子入札システムの利用にあたっては、ブラウザの設定変更が必要です。
      詳しくは「こちら(IEの設定方法について)」を参考にしてください。

               京都府電子入札システム推奨環境(平成26年10月6日以降・PDF:58KB)          

電子入札システムへのログインに係る不具合について (平成26年9月11日掲載 )

 マイクロソフト社のセキュリティアップデートに伴い、電子入札システムの設定によってはエラーメッセージが表示(下記画面参照)され、システムにログインできない場合があるのでお知らせします。

0910gamen

◇ 対応方法について
  電子入札システムのページ(https://www.ebid.pref.kyoto.jp)を「信頼済みサイト」へ登録してください。
  なお、システムが正常に作動しなくなるおそれがあるため、最新版へのアップデート(更新)は行わないでください。

 ◇ 信頼済みサイトへの登録方法
 ・ ブラウザ(Internetexplorer)を開く。
 ・ 「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」の順にクリック
 ・ 「セキュリティ」画面上で「信頼済みサイト」を選択し、「サイト」ボタンをクリック
 ・ 「信頼済みサイト」画面上で、「このWebサイトをゾーンに追加」のボックスに https://www.ebid.pref.kyoto.jpと入力し、「追加」ボタンをクリック
 ・ 「信頼済みサイト」画面の「Webサイト」ボックス内に、入力したアドレスが追加されていることを確認し、「閉じる」ボタンをクリック
 ・ 「インターネットオプション」画面で「OK」ボタンをクリック して完了

◆ Javaの更新を行ってしまった場合
   各自が利用しているICカードの発行者(認証局)へお問い合わせください。 

電子入札システムを利用する際の画面表示について(平成26年6月18日掲載)

 平成26年7月1日(火曜)から、電子入札システムで使用している暗号化のルール(暗号アルゴリズム)が変更されます。
 当分の間は、新旧双方のアルゴリズムに対応した移行期間が設けられているため、そのままシステムを使用することができますが、ログイン時や通知書の確認時に下記のような警告メッセージが表示される場合があります。                  

message2607

   警告メッセージが表示された場合でも、「了解」ボタンを押すことで、引き続きシステムを操作することが可能ですが、セキュリティの確保等のため、ICカードを発行した認証局に確認の上、できるだけ早期に新しいクライアントソフトウェアに切り替えてください。

対応認証局一覧   

電子入札システムに関するお知らせ

はじめて電子入札システムを利用される方へ

 京都府では、建設工事及び測量等業務に係る入札手続きにおいて、電子入札を導入しています。
 したがって、入札に参加する場合、京都府電子入札システムが利用できる環境を用意していただく必要があります。
 詳細は、本画面右側にあるリンク「はじめて電子入札を利用される方へ」を参照してください。      

  電子入札システム

  京都府の入札参加資格者名簿に登録された内容に基づく電子証明書(ICカード)が必要です。
  システムの利用時間は平日の9時から18時までです。

 電子入札システムへのリンク(外部リンク)

  • 電入システムで使用するパソコンについて
      使用するパソコンは、可能であれば電入システム専用のものを準備してください。
  • 電入システムへの接続について
     システムへの接続は、 「本府HPからのリンク(上記)」または「既に設定しているショートカット(お気に入り)」から行ってください。
     検索サイトで表示されたアドレスやメールで送付されたアドレスには、セキュリティ上のリスクがある可能性があります。 

  入札情報公開システム     

  建設工事等の入札公告や、入札結果情報などを公開しています。
  インターネットに公開していますので、どなたでも24時間利用できます。
  ただし、毎週土曜日の0時から7時までは、メンテナンスのため停止しています。

入札情報公開システムへのリンク(外部リンク) 

入札契約制度について(抜粋)

 京都府の入札契約制度に関する情報を抜粋して掲載しています。
 詳しくは、入札契約制度のページに掲載していますので、入札に参加する場合は、必ず確認するようにしてください。 

 「建設工事と技術者の配置について」の改正について(平成26年2月14日掲載)

 専任の主任技術者等が兼任できる条件を改正し、近接した工事の相互現場間隔について5km程度以内から10km程度以内に緩和します。(平成26年2月3日から適用)
   ・ 建設工事と技術者の配置について(PDF:257KB)   
   ・ 技術者等の兼任条件について(PDF:360KB)  

 フレックス工期導入による技術者等配置の緩和について(平成26年1月31日掲載)

 年度末発注工事において、技術者不足による入札参加者数の減少が懸念され、競争性が低下するおそれがあることから、フレックス工期を試行的に導入し、受注者の入札参加を促し公正な競争性を確保します。(平成26年2月1日以降に入札公告するものから適用)
   ・ フレックス工期による契約方式の試行に係る事務取扱要領(PDF:91KB)   
   ・ 技術者等配置の緩和について(フレックス工期)(PDF:107KB) 

 合冊入札における技術者等の配置について(平成26年1月27日掲載・2月14日更新)

  「合冊入札」で契約する工事の技術者等の配置について、運用を定めました。(平成26年2月1日以降に入札公告又は入札通知するものから適用)

   ・ 合冊入札における技術者及び現場代理人の兼任が認められる場合(PDF:195KB)  
   ・ 合冊入札における「建設工事と技術者の配置について」の運用について(PDF:72KB)  

調査基準価格制度及び最低制限価格制度の見直しについて(平成25年5月22日掲載)

 公共工事の迅速かつ円滑な施工の確保に向けて、契約価格の適正化や実行あるダンピング対策の充実を図ります。
 ・調査基準価格及び最低制限価格の改正について (PDF:208KB)   

 入札制度に関するお知らせ

積算内訳書チェックの厳格化について

 入札における不正・不誠実な行為の排除の一つとして、入札時に提出される工事費等内訳書のチェックを厳格化しています。
 入札書の記載と内訳書の記載に相違がある場合は、当該入札書は無効なものとして取り扱われますので、電子入札システムの操作にあたっては留意してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5222

ファックス:075-414-5243

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?