ここから本文です。

文化体験(特典)

京都府では、基金支援のネットワークメンバーの皆様のご協力により、ご寄附いただいた方々に、京都が世界に誇る文化を体験していただいています。

京都府内に住民票を有する方には、ふるさと納税の返礼としての文化体験の提供が法律上出来ませんことを御了承ください。なお、文化財や文化観光に関する情報を「文化財を守り伝える京都府基金ネットワーク」から情報提供させていただくために、氏名・住所・E-mailアドレス・電話番号を提供することについて、御了承いただきますようお願いします。
 

祇園祭山鉾体験にご招待(1万円:7月、1名様分)

写真:祇園祭山鉾イメージ

京都三大祭の一つ「祇園祭」の前祭、後祭いずれかの山鉾搭乗体験にご招待いたします。いつもと異なる視点からみる京都の町は格別です。

前祭宵山が令和元年7月14日(日曜日)から16日(火曜日)、後祭宵山が令和元年7月21日(日曜日)から23日(火曜日)に催行されます。

 杉本家住宅特別拝観(1万円:7月、3月の2回のうち1回、1名様分)

杉本家住宅

夏(7月)と春(3月)の2回、重要文化財に指定されている杉本家住宅特別拝観のうち、ご希望の1回にご招待いたします。杉本家住宅は、町家としては市内最大規模に属し、各一間半の床と棚を装置した座敷、独立棟として西に張り出した仏間、大きな台所などに特色著しいものがあります。

○7月 「祇園会屏風飾り」展初日(特別拝観)
 日時:令和元年7月14日(日曜)15時~16時

○3月 「ひな飾り」展初日(特別拝観)
 日時:令和2年3月1日(日曜)11時~12時(予定)

清水寺夜間特別拝観にご招待(1万円:11月、3月の2回のうち1回、1名様分)

写真:ライトアップされた清水寺

春(3月)と秋(11月)の2回、一般向けに開催される夜間拝観の開始前夜、ご寄附いただいた方限定で開催する夜間特別拝観のうち、ご希望の1回にご招待いたします。通常の参拝とは異なった、静謐な雰囲気の中で拝観していただけます。

次回は、令和元年11月15日(金曜日)に開催いたします。拝観時間は午後7時から午後8時30分の予定です。

大河内山荘特別拝観にご招待(1万円:2月、1名様分)

写真:大河内山荘内大乗閣

嵐山にある大河内山荘の特別拝観にご招待します。小倉山の裾野に広がる広大な庭園からは比叡山や京の町並みが眺められ、庭園内の大乗閣、滴水庵、持仏堂、中門は、国の登録有形文化財となっています。特別拝観では、通常非公開となっている大乗閣の内部を見学いただけます。

次回は、令和2年2月15日(土曜日)に開催いたします。拝観時間は午後1時30分から午後2時30分の予定です。

修理現場見学会(1万円、1名様分)

写真:修理現場を見学する寄附者の皆さん

基金への御寄附で実際に修理されている(又は修理された)文化財の見学会にご招待します。文化財保護の現場を体験していただけます。

次回は、平成31年度下半期の開催を予定しています。

京都文化博物館特別展の内覧会にご招待(1万円、招待状1通)

写真:京都文化博物館建物

京都文化博物館で行われる特別展内覧会(一般公開の前日に開催予定)のうち、ご希望の1回にご招待いたします。招待状1通で複数名ご入場いただけますが、図録の進呈は招待状1通につき1冊となります。内覧会当日のご都合がつかない場合には、招待状封筒の呈示により、会期中いつでも2名様までご入場いただけます。

令和元年度の開催予定は以下のとおりです(展覧会の名称は変更になる場合があります)。
肉筆浮世絵展 開会式:平成31年4月27日(土曜) 会期:平成31年4月27日(土曜)から6月9日(日曜)
横山華山展 内覧会:令和元年7月1日(月曜) 会期:令和元年7月2日(火曜)から8月17日(土曜)
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 内覧会:令和元年8月24日(土曜) 会期:令和元年8月25日(日曜)から9月29日(日曜)
京都祇園祭展 内覧会:令和2年3月23日(月曜) 会期:令和2年3月24日(火曜)から5月17日(日曜)

フタバアオイ・オーナーになり葵祭特別観覧席にご招待(2万円:5月、1名様分)

写真:葵祭行列

葵祭に欠かせないフタバアオイの育成を自宅か上賀茂神社境内で行い、それを葵祭で実際に使うという参加型ふるさと寄附金です。5月15日に催行される葵祭を、上賀茂神社境内の特別観覧席でご覧いただけます。

次回の葵祭は、令和2年5月15日(金曜日)に催行されます。受付時間は午後2時から2時30分を予定しています。

緑陰講座ご招待(2万円:9月、1月の2回のうち1回、1名様分)

写真:講話を聞く寄附者の皆様

京都府内の社寺の神職や僧侶の方々が、ご寄附いただいた方だけのために講話をして下さいます。併せて、社寺の特別拝観もしていただける体験型ふるさと寄附金です。

令和元年度は、9月頃と1月頃の2回の開催を予定しています。

○9月緑陰講座
 場所:天龍寺(京都市右京区)
 月日:令和元年9月16日(月曜日)
 時間:午後1時30分から午後3時30分

○1月緑陰講座(未定)

京都府内寺院の高僧の揮毫色紙贈呈(5万円:併せて上記各文化体験から選択いただいた1つにペアでご招待)

写真:高僧と揮毫色紙

府内寺院の高僧の方々がご寄附に感謝をこめて揮毫された色紙を1枚贈呈いたします。奥深い書の文化にふれることができます。併せて、上記各京都文化体験(祇園祭山鉾体験・杉本家住宅特別拝観・清水寺特別拝観・大河内山荘特別拝観・修理現場見学会・京都文化博物館内覧会・葵祭特別観覧・緑陰講座)の中からご希望の1つにペアでご招待いたします。

京都文化満喫体験(10万円:揮毫色紙贈呈に加えて、上記文化体験のすべてにペアでご招待)

写真:揮毫色紙

高僧の揮毫色紙贈呈に加えて、京都府のふるさと納税「文化財を守り伝える京都府基金」で提供している京都文化体験のすべてにペアでご招待いたします。京都の奥深さを感じていただくことができます。

西陣織工房見学&製作体験(20万円:京都文化満喫体験付き)

写真:手織体験イメージ

写真:西陣織オリジナルかばんサンプル

京都の伝統工芸「西陣織」の体験ができる京都文化満喫プランです。
西陣織の織屋を見学した後、実際に西陣織を手織体験していただけます。ご希望に応じ、テーブルセンター又はマフラーが製作できます。
お時間がない場合には、お好きな生地を指定してオリジナルの西陣織製品(カバンや巾着、帽子など)を製作していただくこともできます(後日郵送)。
開催日も、何を製作するかも、寄附者様お一人お一人のご要望をお伺いし、完全オーダーメイドの体験プランをご提供いたします。
さらに、西陣織体験に加え、文化体験の全てに「ペア」でご招待するほか、高僧の揮毫色紙1枚を贈呈いたします。

注※工房見学は平日のみとなります。土日祝の開催を希望される場合には、西陣織会館内の見学と手織体験又はオリジナル製品製作となります。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?