ここから本文です。

文化体験(特典)

京都府では、基金支援のネットワークメンバーの皆様の御協力により、御寄附いただいた方々に、京都が世界に誇る文化を体験していただいています。

祇園祭山鉾体験にご招待(1万円:7月、1名様分)

祇園祭山鉾の写真

京都三大祭の一つ「祇園祭」の前祭、後祭いずれかの山鉾搭乗体験にご招待いたします。いつもと異なる視点からみる京都の町は格別です。

※平成29年7月催行分の受付は終了しました。現在は平成30年7月分に御招待しています。

次回の祇園祭は、前祭宵山が平成30年7月14日(土曜日)から16日(月曜日・祝日)、後祭宵山が平成30年7月21日(土曜日)から23日(月曜日)に催行されます。

清水寺夜間特別拝観にご招待(1万円:11月、3月の2回のうち1回、1名様分)

清水寺夜景の写真

春(3月)と秋(11月)の2回、一般向けに開催される夜間拝観の開始前夜、ご寄附いただいた方限定で開催する夜間特別拝観にご招待いたします。通常の参拝とは異なった、静謐な雰囲気の中で拝観していただけます。

次回は、平成29年11月中の金曜日に開催予定です。

京都文化博物館特別展の内覧会にご招待(1万円:招待状1通、2名様まで入場可)

京都文化博物館建物写真

京都文化博物館で行われる特別展内覧会(一般公開の前日に開催予定)にご招待いたします。招待状1通で2名様までご入場いただけます。内覧会当日のご都合がつかない場合には、会期中いつでも2名様までご入場いただけます。

平成29年度は、以下の特別展内覧会を開催する予定です。どちらかご希望の内覧会にご招待いたします。

  1. 絵画の愉しみ、画家のたくらみ-日本近代絵画、美と革新の軌跡展(ウッドワンコレクション)
    内覧会:平成29年10月2日(月曜日)(予定)
    会期:平成29年10月3日から12月3日まで
  2. ターナー展
    内覧会:平成30年2月16日(金曜日)(予定)
    会期:平成30年2月17日から4月15日まで

フタバアオイ・オーナーになり葵祭特別観覧席にご招待(2万円:5月、1名様分)

葵祭行列の写真

葵祭に欠かせないフタバアオイの育成を自宅か上賀茂神社境内で行い、それを葵祭で実際に使うという参加型ふるさと寄附金です。5月15日に催行される葵祭を、上賀茂神社境内の特別観覧席でご覧いただけます。

次回の葵祭は、平成30年5月15日(火曜日)に催行されます。

緑陰講座ご招待(2万円:9月、1月の2回のうち1回、1名様分)

講話を聞く寄附者の皆様の写真

京都府内の社寺の神職や僧侶の方々が、ご寄附いただいた方だけのために講話をして下さいます。併せて、社寺の特別拝観もしていただける体験型ふるさと寄附金です。

次回は、平成29年9月3日(日曜日)午後2時30分から、西本願寺(京都市下京区)で開催いたします。
当日は、国宝「鴻之間」で法話を聞いていただいた後、南能舞台(重要文化財)、雀之間(国宝)、白書院(国宝)、虎渓之庭(特別名勝)、飛雲閣(国宝)など、西本願寺の数々の国宝・重要文化財を特別拝観します。

京都府内寺院の高僧の揮毫色紙贈呈(5万円:併せて上記各文化体験から選択いただいた1つにペアでご招待)

高僧と揮毫色紙の写真

府内寺院の高僧の方々がご寄附に感謝をこめて揮毫された色紙を1枚贈呈いたします。奥深い書の文化にふれることができます。併せて、上記各京都文化体験(祇園祭山鉾体験・清水寺特別拝観・京都文化博物館内覧会・葵祭特別観覧・緑陰講座)の中からご希望の1つにペアでご招待いたします。

京都文化満喫体験(10万円:揮毫色紙贈呈に加えて、上記文化体験のすべてにペアでご招待)

揮毫色紙の例の写真

高僧の揮毫色紙贈呈に加えて、京都府のふるさと納税「文化財を守り伝える京都府基金」で提供している京都文化体験のすべてにペアでご招待いたします。京都の奥深さを感じていただくことができます。

お問い合わせ

文化スポーツ部文教課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4521

ファックス:075-414-4523

bunkyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?