トップページ > 府政情報 > 京都市との連携・協調

ここから本文です。

京都市との連携・協調

京都府では、府内の市町村との協調・連携を府政の基本姿勢に据え、さまざまな施策に取り組んでいますが、京都府の人口57%を占める京都市との緊密な連携は、府政の推進上極めて重要であり、昭和53年以降、知事と京都市長との懇談会を開催して府市協調に取り組んでいます。平成28年度より地方自治法に基づく指定都市都道府県調整会議として位置づけ、これまでの取組を踏まえ、さらに府市協調を深化してまいります。

府市協調の主な実績

京都府と京都市は、二重行政の打破はもとより、府民・市民サービスの向上と効率的・効果的な行政運営を追求し、様々な成果につながっています。

1.施設の共同化

2.府市連携による施策の推進

3.府市連携をベースとしたオール京都体制の取組

京都府知事と京都市長との懇談会の概要

令和2年度(令和2年8月26日)

令和元年度(令和元年8月28日)

平成30年度(平成30年8月29日)

平成29年度(平成29年11月9日)

平成28年度(平成28年9月8日)

平成27年度(平成27年9月8日)

平成26年度(平成26年11月14日)

平成25年度(平成25年9月11日)

平成24年度(平成24年8月9日)

平成23年度(平成23年9月6日)

平成22年度(平成22年8月11日)

平成21年度(平成21年7月28日)

平成20年度(平成20年6月5日)

「府市政策連携・融合会議」の開催状況

平成30年8月開催の京都府知事と京都市長との懇談会において、府市協調を新たなステージに進化させるため、府市の実務者間の議論を活性化する仕組みとして「府市政策連携・融合会議」を設置することを合意し、平成30年12月に設置しました。
「府市政策連携・融合会議」では、「安心・安全」、「子育て・福祉」、「産業・観光」、「文化・スポーツ」の4つの重点分野における課題の共有や企画構想段階からの協議を府市が連携して進めています。

「府市行政協働パネル」の開催状況

平成20年度から、府市行政協働パネルを設置し、検討項目の調整、進捗管理を行う「総合調整パネル」や、環境、健康福祉、防災などの分野ごとの「個別パネル」において、実務者レベルで、府市の共通する課題を提起し合い、府民・市民の視点から府市で協働できることや、二重行政の回避策などについて協議を行っています。

お問い合わせ

政策企画部総合政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

sogoseisaku@pref.kyoto.lg.jp