ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府の健康対策 > 京都府の肝炎対策 > 京都府ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業の実施について

ここから本文です。

京都府ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業の実施について

京都府ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業(肝炎精密検査費用助成)を開始しました 

京都府では、肝炎ウイルス陽性者を早期に発見するとともに、相談やフォローアップにより陽性者を早期に治療へ繋げ、ウイルス性肝炎患者等の重症化予防を図ることを目的として、肝炎ウイルス検診の結果が陽性であった方を対象に、京都府肝疾患専門医療機関において肝炎ウイルスの精密検査を受けた際の医療費自己負担分の助成を平成27年6月1日より開始(平成27年4月1日から適用)しました。

案内チラシ(PDF:457KB)
重症化予防推進事業実施要領(PDF:505KB)

助成の内容

助成範囲

対象者が京都府肝疾患専門医療機関において初回精密検査又は定期検査を受診し、医療保険各法(高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第7条に規定する医療保険各法をいう。以下同じ。)又は高齢者の医療の確保に関する法律の規定による医療に関する給付を受けた場合、対象者が負担した費用を交付。

京都府肝疾患専門医療機関

対象者

初回精密検査
  • 京都府に住所を有し、以下の全ての要件に該当する者
  1. 医療保険各法の規定による被保険者又は被扶養者及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による被保険者
  2. 1年以内に府(府保健所、府検査委託医療機関(PDF:138KB))又は市町村が実施した肝炎ウイルス検診において陽性と判定された者
  3. 府又は市町村の行うフォローアップ(定期的受診状況等の状況確認を行うこと)に同意した者
定期検査
  • 京都府に住所を有し、以下の全ての要件に該当する者
  1. 医療保険各法の規定による被保険者又は被扶養者及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による被保険者
  2. 肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変及び肝がん患者(治療後の経過観察を含む)
  3. 住民税非課税世帯に属する者
  4. 府又は市町村の行うフォローアップ(定期的受診状況等の状況確認を行うこと)に同意した者
  5. 肝炎治療特別促進事業の受給者証の交付を受けていない者

 請求様式等

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4742

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?