ここから本文です。

京都府の肝炎対策

 我が国の肝炎(ウイルス性肝炎)の持続感染者は、B型が110万人~140万人、C型が190万人~230万人存在すると推定されていますが、感染時期が明確ではないことや自覚症状がないことが多いため、適切な時期に治療を受ける機会がなく、本人が気づかないうちに肝硬変や肝がんへ移行する感染者が多く存在することが問題となっています。京都府では、京都府保健医療計画に基づき、肝炎対策に係る各種取組みを行っています。 

国の取組:肝炎総合対策の推進(厚生労働省)(外部リンク)

新着情報

肝炎対策の取組み

無料肝炎ウイルス検査 

肝炎治療医療費の助成

精密検査費用の助成(ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業)

診療体制の整備

相談支援体制の整備

イベント情報

B型肝炎訴訟・C型肝炎訴訟関係

 関連情報

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4766

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?