ホーム > お知らせ・ご案内 > 広報・広聴の取組 > 京都府議会/府議会だより > 府議会だよりNo.19 平成28年12月発行 > 府議会とスポーツ

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

府議会とスポーツ

京都聖母学院小学校で、子どもたちとふれあう京都ハンナリーズの選手

京都ゆかりのトップアスリートを派遣する「京のスポーツ夢バンク」事業

写真/京都聖母学院小学校で、子どもたちとふれあう京都ハンナリーズの選手

最近、楽しいスポーツのイベントが多いな!府議会でスポーツについて審議しているからかな?どんな審議をしているのか見てみましょう!

いろんなイベントが開催されるんだね!

 大きな感動とともに閉幕したリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。
 陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した桐生選手はじめ、京都府にゆかりのある多くの選手が素晴らしい活躍をみせました。
 そんな中、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどを見据え府議会で出された議員の意見の一部を紹介します。

     

国際大会の誘致

 

多くの観客を集めた「ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ  

 

○自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」
○バレーボール国際大会「ワールドグランプリ2016」
○「関西ワールドマスターズゲームズ2021」
など、多くの国際大会を誘致しています。  

 
 
 

写真/多くの観客を集めた「ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ」

 

スポーツイベントに参加するスポーツボランティアの体制づくりも必要。例えば島津アリーナ京都に女子バレーボールの国際大会を誘致してほしい。積極的に国際大会の誘致に取り組んで、子どもたちに一流のプレーを見る機会をつくってほしい。

写真/島津アリーナ京都で開催された「ワールドグランプリ2016」

京都トレーニングセンターの整備

 ジュニアアスリートの育成などのため、7月に府立丹波自然運動公園内に最新鋭の機器を備え、合宿しながら近隣大学などと連携して医科学的トレーニングがうけられる「京都トレーニングセンター」が整備されました。

スポーツ選手の東京一極集中といわれているが、いかにして京都で、スポーツに取り組む人をつくっていくかが重要。近隣大学と連携し、スポーツ選手がけがをしない体づくりのために、スポーツ医科学も取り入れてほしい。

サン・アビリティーズ城陽の施設機能強化

 障害者スポーツのトップアスリート支援と裾野拡大のために、施設機能の強化に取り組んでいます。また、パラリンピックパワーリフティングのナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設に指定されました。

障害がある方が日常的に使える施設が圧倒的に不足している。現在、体育館には空調がない。体温調節が難しいという障害がある方々にも、スポーツができる環境を整えてほしい。競技団体と連携し、ナショナルトレーニングセンターの誘致とともに、隣接するリハビリテーション病院の機能強化に取り組むべき。

 

京都スタジアムの建設

亀岡市で建設を予定されている専用球技場「京都スタジアム(仮称)」の建設について、さまざまな議論が行われています。

お問い合わせ

京都府議会事務局総務課広報広聴係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398