ここから本文です。

『源氏の庭』

 『源氏の庭』風景

屋上緑化による環境の創造と、源氏物語千年紀事業の一層のPRを図るため、平成20年4月に、京都府庁第2号館屋上緑化施設「京てらす」の一角に、源氏物語に登場する約110種の草花のうち屋上緑化に適した12種を植栽した『源氏の庭』を整備し、ベニバナやキキョウなど夏の草花が開花し始めた6月30日(月曜日)に開園しました。

『源氏の庭』について

『源氏の庭』の概要

「京てらす」の南側中央の花壇です。
源氏物語千年紀よびかけ人代表の千玄室氏に揮毫(きごう)いただいた銘板が設置されています。

 

『源氏の庭』の草花

ナデシコキキョウオミナエシヤブカンゾウホオズキベニバナワラビワレモコウフジバカマススキキク(野紺菊)シオン

※草花の名前をクリックいただくと、各草花の詳細が御覧になれます。 

                   現在の様子

                     genji1 

夏 6月から8月 (キキョウ、カワラナデシコ、ヤブカンゾウ、ホオズキ)

 kikyo nadesiko yabukanzou hozuki

秋 9月から11月 (シオン、フジバカマ、ススキ、ノコンギク)

 sion hujiba susuki1 nokon 

  

庭の銘板

源氏物語千年紀よびかけ人代表の千玄室氏に揮毫いただきました。 

揮毫された銘板と山田知事と千氏

『源氏の庭』紹介冊子

京都学園大学の山本淳子教授の監修により、源氏の庭に植栽された12種の草花が、源氏物語に登場する一場面をわかりやすく解説しています。
この冊子には、社団法人日本アロマ環境協会及び小倉山香房に御協力により、「源氏物語イメージフレグランスコンテスト(平成20年1月開催)」で環境大臣賞を受賞した『蓮の夢、千年の記憶』の香りを楽しんでいただける工夫も凝らされています。 

冊子は、「京てらす」や京都府立植物園にて無料で配布しています。

また、郵送で入手希望の方は、自然環境保全課(075-414-4706)までお問い合わせ下さい。

 『源氏の庭』冊子

源氏の庭に関するイベント

 

 

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp