ホーム > 産業・しごと > 労働 > 京都府障害者雇用推進企業(京都はあとふる企業)認証制度 > 「京都はあとふる企業」認証企業一覧(南丹地域)(五十音順)

ここから本文です。

「京都はあとふる企業」認証企業一覧(南丹地域)(五十音順)

障害のある方を積極的に雇用している企業を、京都府障害者雇用推進企業(愛称:京都はあとふる企業)として認証しています。

京丹味噌 有限会社 片山商店

所在地 亀岡市
主な事業内容 味噌醸造
障害者雇用の
きっかけや目的
障害者、健常者と区別することなく、当社の仕事を頑張りたいというやる気のある方とともに、幸せづくりに挑戦しております。障害者就業・生活支援センター様のご紹介で採用させていただきました。社長の考え方、決断がすべてです。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
障害者雇用で特別な配慮を行うのではなく、全員が楽しくやりがいがある職場づくりを目指しています。
休憩時間は全員でのコーヒータイムを取るなど、全員がフラットな関係です。
業務内容も任した仕事は責任をもってお願いしています。区別はありません。声をかけながら業務を進めています。

社会福祉法人京都眞生福祉会

所在地 亀岡市
主な事業内容 特別養護老人ホーム等
障害者雇用の
きっかけや目的
府立京都高等技術専門校から紹介を受けたことをきっかけに、障害者雇用を始めました。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
・雇用にあたっては、ハローワークや作業所、支援学校などと連携し、職場体験や実 習などを通したマッチングに力を入れています。
・雇用した際には担当の職員を配置し、本人の適性(得意分野)と希望する業務とのすり合わせを行います。
・障害の有無に関わらず、介護サービスの効率的な提供を目的とした“介護部環境推進課”を組織し、2人1組でベッドメイキング等の補佐的業務を行っています。実際の介護業務との連動性をもたせることで、自然と現場職員からの感謝の言葉が聞かれるようになり、モチベーション向上にもつながっています。

社会福祉法人 京都太陽の園

所在地 南丹市
主な事業内容 社会福祉、障害福祉サービス事業等
障害者雇用の
きっかけや目的
社会福祉の主たる担い手として、また、福祉サービスの供給確保の中心的な役割を果たす事業所として、障害の程度と業務内容が一致した場合に採用しています。
これまで積極的な雇用をしてきた訳ではありませんが、各事業所で笑顔で働いていただけるよう、障害のある、ないに関わらず、一人ひとりの特性を活かして仕事をしていただくことを目的としています。
さらに、今まで勤務していた方が疾病等で障害を持つことになられた場合、本人の継続して勤務を続けたい気持ちを大切にして、身体の状態を考慮して雇用しています。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
「障害者雇用」といった特別なものではなく、働く人は地域の人であり、多様化・複雑化する福祉ニーズを充足するための取組を積極的に行っていくことが、地域社会への貢献であると考えています。
どうしても業務が合わないようであれば、業務の見直しや配置転換等の対応により、やりがいを持って仕事ができるよう、職域を確保し、仕事を任せています。

株式会社 タイヨーアクリス

所在地 亀岡市
主な事業内容 金型設計製作、精密プレス加工の量産、自動機設計製作・据付調整・メンテナンス
障害者雇用の
きっかけや目的
近年の採用のきっかけは、障害のある高校新卒者を面接したことです。非常に前向きな姿勢で、運動系のクラブ活動も3年間続けて来られ、ハンディキャップをものともしない、明るさと逞しさに揺さぶられ、健常者の社員にもきっとプラスになるのではないかという信念のもと採用に至りました。
そして、そのこと自体が、結果として、企業としての社会的責任を果たす目的にもなりうると認識しています。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
基本的には、他の社員方と同じように働いてもらっており、特別扱いを一切しないように心掛けています。本人の特性を把握し、適性を見ながら、配属先を決定の上、本人が責任を持って職務を遂行できるように取り組んでいます。
ただ、以下の点については配慮しています。
・個々の障害者の障害状況により、長時間労働とならないように配慮
・障害者に対する安全配慮への一層の配慮
・社員間の交流を目的としたレクリエーション(お花見、ハイキング&バーベキュー等)には積極的に参加するよう呼びかけ、部門毎での当番制ではあるが、幹事役なども担ってもらっています。
・メンタルヘルス向上のための『ストレスドック』並びに『カウンセリング』の受診及び受診料補助への配慮

有限会社 美山興業

所在地 南丹市
主な事業内容 自動車のスプリング製造
障害者雇用の
きっかけや目的
子どもを重度障害で亡くし、障害者環境について色々と思いがあった時、支援学校から実習依頼があり、そこをきっかけに雇用が始まりました。
企業としての社会的責任、そして私個人の宿命と考えています。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
勤務時間を通常定時より30分早めて帰宅できるようにしています。また、できるだけコミュニケーションをとる心がけと目配り、気配りを会社全体で行ったり、慰労会の参加などで仕事以外の楽しみを作るようにしています。
地域の支援センターと連携を取り、本人の心情的にストレスがないか、定期的に確認しています。

社会福祉法人 利生会

所在地 亀岡市
主な事業内容 診療所、特別養護老人ホーム等
障害者雇用の
きっかけや目的
はたらく人にやさしい職場作りを目指しています。
障害者雇用で
工夫されている取組内容
障害者雇用について、特別扱いはしていませんが、本人の能力を引出すために、本人と相談の上で勤務を工夫しています。
最初の2週間、実習期間を設けており、実習期間終了後に振り返りを行い、本人に合った勤務内容・勤務時間を相談し、トライアル雇用を経て、双方合意のもと採用に至るようにしています。
公共交通機関で通勤の場合は、公共交通機関の時間帯にあった勤務時間を相談の上で設定しています。
指導は同じ職員が行っており、業務の進め方が変わることがないため、本人は混乱することなく手順をしっかり理解した上で業務にあたることができています。
業務の進め方を分かりやすくするため、写真付きの手順書を作成しています。
本人の希望で法人の親睦会に加入し、職員間の親睦を更に深めています。

お問い合わせ

商工労働観光部総合就業支援室

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ 西館3階

ファックス:075-682-8924

syugyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?