ホーム >> 感染症情報(週報)

<平成29年第40週>平成29年10月2日〜平成29年10月8日

今週のコメント

平成29年度第40週の報告です。
感染性胃腸炎が定点あたり3.92件と先週から増加しています。京都市左京区では定点あたり22.0件と警報レベルとなっています。RSウイルス感染症は1.70件とやや低下、手足口病、流行性耳下腺炎、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、ヘルパンギーナの発生数は大きく変化はありません。
全数報告対象の感染症は、腸管出血性大腸菌感染症 が 1件、レプトスピラ症が1件、レジオネラ症が 2件 、 劇症型溶血性レンサ球菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症 が それぞれ 1件 報告されました。また、眼科定点から流行性角結膜炎が 4件 報告されました。
京都府ではまだそれほど報告は多くありませんが、首都圏などでは9月からインフルエンザの流行が見られています。学年・学級閉鎖はすでに17都道府県にのぼっています。夏には患者数が減るインフルエンザですが、今年は定点医療機関の患者数が8月上旬で約1000人、9月も約900人と昨年の3倍以上となりました。夏に流行した理由は不明ですが、夏でも流行がみられるアジア各地からの旅行により持ち帰った可能性や気候変動による可能性が疑われています。
これから、インフルエンザのシーズンが本番を迎えますので、うがい、手洗いを徹底するとともに、発熱や関節痛等の症状が出た際はインフルエンザを疑って医療機関を受診してください

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 報告がありません
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 が 1件 報告されました
4類感染症 レジオネラ症 が 2件 報告されました
5類感染症 劇症型溶血性レンサ球菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症 が それぞれ 1件 報告されました

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 3.92 3.15
2 RSウイルス感染症 1.70 1.95
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 0.97 1.67
4 手足口病 0.82 2.12
5 ヘルパンギーナ 0.62 0.49

■基幹定点

報告がありません

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 4件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の感染性胃腸炎地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 17 4.25
山城北 26 2.89
山城南 - -
南丹 3 0.60
中丹西 13 4.33
中丹東 11 2.20
丹後 - -
京都市 228 5.30
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎 水痘
手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   百日咳   ヘルパンギーナ  
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎   RSウイルス感染症
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南