ホーム >> 感染症情報(週報)

<平成31年第2週>平成31年1月7日〜平成31年1月13日

今週のコメント

 平成31年第2週の報告です。
 インフルエンザの報告数が定点あたり35.50件と急激に増加しています。府内の各地域において報告数が増加しており、中丹西では定点あたり49.60件、山城北では46.24件、南丹では43.25件と特に多い報告となりました。京都市内でも報告数が急増しています。今後さらなる流行の拡大が予想されますので注意してください。
 全数報告対象の感染症は、結核が3件、腸管出血性大腸菌感染症が 2件、レジオネラ症が1件、アメーバ赤痢・カルバベネム耐性腸内細菌感染症・劇症型溶血性レンサ球菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症が それぞれ1件 、百日咳が 2件 報告されました。また、基幹定点の報告としてロタウイルスによる感染性胃腸炎が1件、眼科定点の報告として、流行性角結膜炎が10件報告されました。
 インフルエンザの報告数がさらに増加し府内で警報レベルとなりました。例年1月下旬から2月にかけて警報レベルに達することが多いですが、平成28年度、29年度と比較しても早い時期に警報レベルに達しています。2018年第20週〜2018年第2週までに検出されたウイルスの状況をみると、AH1pdm09が最も多くB型はまだほとんど分離されていません。インフルエンザは飛沫感染、接触感染で伝播します。飛沫感染対策としての咳エチケット(咳が出ている人がマスクをする)、接触感染対策としての手洗い等を徹底してください。また高齢者や持病で治療中のかたは重症化のリスクが高くなります。医療・福祉施設へ訪問する際は症状が疑われる方は自粛してください。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 3件 報告されました
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 が 2件 報告されました
4類感染症 レジオネラ症 が 1件 報告されました
5類感染症 アメーバ赤痢カルバベネム耐性腸内細菌感染症劇症型溶血性レンサ球菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症 が それぞれ1件 、
百日咳 が 2件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 インフルエンザ 35.50 38.54
2 感染性胃腸炎 7.82 7.52
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.26 2.10
4 伝染性紅斑 0.61 1.00
5 流行性角結膜炎 0.56 1.03
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎 が 5件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 10件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週のインフルエンザ地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 251 35.86
山城北 786 46.24
山城南 146 29.20
南丹 346 43.25
中丹西 248 49.60
中丹東 246 30.75
丹後 229 38.17
京都市 2185 31.67
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南