ホーム >> 感染症情報(週報)

<平成31年第8週>平成31年2月18日〜平成31年2月24日

今週のコメント

 平成31年第8週の報告です。
 インフルエンザの報告数は定点あたり7.29件と減少傾向です。乙訓と京都市左京区、南区、伏見区では警報レベルとなっています。
 全数報告対象の感染症は、結核が6件、アメーバ赤痢急性弛緩性麻痺水痘(入院例)梅毒がそれぞれ1件 、カルバペネム耐性腸内細菌感染症百日咳風しんがそれぞれ2件、侵襲性肺炎球菌感染症が4件報告されました。また、基幹定点の報告としてマイコプラズマ肺炎が1件、ロタウイルスによる感染性胃腸炎が2件、眼科定点の報告として、流行性角結膜炎が2件報告されました。
 今年に入りアメーバ赤痢細菌性赤痢が散見されます。「赤痢」と呼ばれる病気には、細菌性赤痢とアメーバ赤痢があります。今週定点報告において報告されたアメーバ赤痢は赤痢アメーバという原虫の感染を原因とする病気です。
 アメーバ赤痢の原因は大腸に寄生する赤痢アメーバと呼ばれる原虫の一種です。栄養型(いわゆるアメーバー運動をして活発に動く)と嚢子型(シスト)、2つの形態を取り、外部環境に強い嚢子型(シスト)を摂取することで経口感染します。具体的には海外旅行などで汚染された飲食物を摂取することや性行為が原因で感染し、典型例は粘血便などの下痢、テネスムス(しぶり腹)、腹痛で発症します。まれに肝膿瘍や脳・肺・皮膚などの腸管外に合併症を来します。
 細菌性赤痢と原因は異なりますが、ともに赤い便(赤痢)をきたし、感染地域である海外で生水、氷、生野菜や生の魚介類、カットフルーツなどから感染することが多いので海外旅行の際には注意してください。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 6件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 報告がありません
5類感染症 アメーバ赤痢急性弛緩性麻痺水痘(入院例)梅毒 が それぞれ1件 、カルバペネム耐性腸内細菌感染症
百日咳風しん が それぞれ2件 、 侵襲性肺炎球菌感染症が4件報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 インフルエンザ 7.29 8.99
2 感染性胃腸炎 4.92 5.99
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.21 2.67
4 伝染性紅斑 0.69 0.59
5 RSウイルス感染症 0.34 0.44
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎 が 1件 、感染性胃腸炎
(ロタウイルス)
が 2件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 2件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週のインフルエンザ地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 72 10.29
山城北 125 7.35
山城南 35 7.00
南丹 63 7.00
中丹西 30 6.00
中丹東 39 4.88
丹後 55 9.17
京都市 500 7.25
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南