ホーム >> 感染症情報(週報)

<平成31年第9週>平成31年2月25日〜平成31年3月3日

今週のコメント

 平成31年第9週の報告です。
 感染性胃腸炎が定点あたり4.70件、インフルエンザが4.58件となっています。その他の感染症も大きな変化はありません。南丹水痘が定点あたり2.40件と警報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が6件、カルバペネム耐性腸内細菌感染症・急性脳炎梅毒がそれぞれ2件、侵襲性肺炎球菌感染症風しんが1件、百日咳が3件報告されました。また、基幹定点の報告としてマイコプラズマ肺炎が2件、ロタウイルスによる感染性胃腸炎が4件、眼科定点の報告として、流行性角結膜炎が2件報告されました。
 南丹地域で水痘の報告が増加しています。水痘は例年冬から春にかけて増加する水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑から始まり、水疱、膿疱を経て痂皮化して治癒するとされています。発疹出現後、大体6日間前後は感染性があるとされます。治療は軽症例では対症療法が基本ですが、重症例や重症化のおそれのある場合抗ウイルス薬が使用されます。9歳以下での発症が90%以上を占めると言われています。合併症としては、皮疹への細菌感染、熱性痙攣、ウイルス性肺炎、脳炎、無菌性髄膜炎などがあります。成人での水痘も稀に見られますが、成人発症の場合、水痘そのものが重症化する危険が高いと言われています。発症予防に、水痘ワクチン接種が有効です。1回の接種により重症の水痘をほぼ100%予防でき、2回の接種により軽傷の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。平成26年より水痘ワクチンは定期接種となっていますので忘れずに接種しましょう。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 6件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 報告がありません
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症急性脳炎梅毒が それぞれ2件、侵襲性肺炎球菌感染症
風しん が 1件、百日咳 が 3件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 4.70 5.95
2 インフルエンザ 4.58 5.93
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.14 2.71
4 伝染性紅斑 0.47 0.57
5 咽頭結膜熱 0.38 0.33
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎 が 2件、感染性胃腸炎
(ロタウイルス)
が 4件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 2件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の水痘地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 1 0.25
山城北 1 0.10
山城南 - -
南丹 12 2.40
中丹西 - -
中丹東 - -
丹後 - -
京都市 4 0.09
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南