ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和元年第22週>令和元年5月27日〜令和元年6月2日

今週のコメント

平成31年(令和元年度)第22週の報告です。
感染性胃腸炎は定点あたり5.87件と減少しました。伝染性紅斑は先週に引き続き乙訓、京都市左京区、右京区、南区、伏見区警報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が7件、腸管出血性大腸菌感染症が1件、カルバペネム耐性腸内細菌感染症百日咳がそれぞれ2件、梅毒麻しんが 1件報告されました。
また、基幹定点の報告としてマイコプラズマ肺炎無菌性髄膜炎がそれぞれ1件報告されました。眼科定点の報告として流行性角結膜炎が6件報告されました。
麻疹風疹の報告数が増加しています。国立感染症研究所は麻疹の報告数が566人となり、すでに昨年1年間の2倍を超えたと発表しました。大阪が142人と最も多く、東京、三重、神奈川、愛知と続いています。東南アジアと同じタイプの遺伝子が検出されており渡航者から広がり国内に定着しつつあると危惧されています。風疹も5月26日までの1週間で全国で44人の患者が報告されており、昨年からの流行が続いています。ワクチン接種に加え、疑わしい症状が見られた際はすぐに医療機関を受診し感染拡大防止につとめてください。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 7件 報告されました
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 が 1件 報告されました
4類感染症 報告がありません
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症百日咳 が それぞれ2件 、
梅毒麻しん が 1件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 5.87 6.53
2 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 2.19 2.84
3 手足口病 2.05 1.95
4 伝染性紅斑 0.87 0.70
5 インフルエンザ 0.83 0.49
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎無菌性髄膜炎 が それぞれ1件
報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 6件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の伝染性紅斑地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 15 3.75
山城北 1 0.10
山城南 - -
南丹 - -
中丹西 - -
中丹東 - -
丹後 - -
京都市 51 1.19
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南