ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和元年第44週>令和元年10月28日〜令和元年11月3日

今週のコメント

令和元年第44週の報告です。
 感染性胃腸炎は定点あたり2.46件と増加しています。伝染性紅斑京都市左京区、南区警報レベルとなっています。その他の感染症に大きな変化はありません。全数報告対象の感染症は、結核が13件、レジオネラ症が2件、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症百日咳がそれぞれ2件、梅毒が3件報告されました。また、基幹定点の報告としてマイコプラズマ肺炎が2件報告されました。眼科定点の報告として流行性角結膜炎が8件報告されました。
 今年度はマダニが媒介する感染症が全国的に多く発生しています。重症熱性血小板減少症候群は2011年に特定されたSFTSウイルスに感染することによって引き起こされる病気で、発熱や消化器症状、血小板減少による出血傾向などを発症し、重症化することもあります。国内では2013年1月に初めて感染が確認され以後、西日本を中心に報告があります。SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染し、致死率は6.3-30%と報告されています。マダニは屋外に生息しており、家庭内に生息するダニとでは全く種類が異なります。抗ウイルス薬やワクチンはありませんので、草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないことなど、マダニに咬まれないよう予防することが重要です。森林や草地などから戻ったら、特にわきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部などをチェックし、もし吸血中のマダニに気がついた場合は、自分でとらず医療機関(皮膚科)で処置(マダニの除去、洗浄など)を受けてください。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 13件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 レジオネラ症 が 2件 報告されました
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症百日咳が それぞれ2件 、 梅毒 が 3件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 2.46 3.31
2 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.32 2.07
3 手足口病 0.83 1.45
4 RSウイルス感染症 0.68 0.88
5 伝染性紅斑 0.47 0.58
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎 が 2件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 8件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の伝染性紅斑地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 2 0.50
山城北 3 0.33
山城南 - -
南丹 1 0.20
中丹西 - -
中丹東 4 0.80
丹後 - -
京都市 26 0.60
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南