ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和元年第45週>令和元年11月4日〜令和元年11月10日

今週のコメント

 令和元年第45週の報告です。
 感染性胃腸炎は定点あたり2.32件、その他の感染症の報告数に大きな変化はありません。中丹西A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が定点あたり8.33件と警報レベルとなっています。京都市東山区水痘注意報レベルとなっています。また、南区では伝染性紅斑が定点あたり1.33件と警報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が13件、E型肝炎、A型肝炎及びレジオネラ症がそれぞれ1件、 カルバペネム耐性腸内細菌感染症、侵襲性肺炎球菌感染症及び水痘(入院例)がそれぞれ1件、百日咳が3件報告されました。基幹定点の報告として、無菌性髄膜炎が1件、マイコプラズマ肺炎が4件報告されました。また眼科定点の報告として流行性角結膜炎 が 2件 報告されました。
 E型肝炎の報告がありました。E型肝炎は、血液感染を経路とするB型、C型肝炎と異なり、経口感染で広がります。主にアジアなどで水道水の汚染により流行をきたすことが知られています。一方、日本などの先進国では、従来、旅行者の感染が多かったことから輸入感染症とされてきましたが、近年、ジビエ料理などの生食による肝炎の報告がみられるようになりました。感染は一過性で慢性化することはありませんが、まれに劇症化することがあり、特に妊婦では注意が必要です。ワクチンはありませんのでウイルスに汚染された食物や水を避けること、肉は十分な加熱処理を行うことが重要です。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 13件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 E型肝炎A型肝炎レジオネラ症 が それぞれ1件 報告されました
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症水痘(入院例) が それぞれ1件 、
百日咳 が 3件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 2.32 3.15
2 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.25 1.78
3 手足口病 0.70 1.36
4 RSウイルス感染症 0.61 0.66
5 伝染性紅斑 0.44 0.53
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

無菌性髄膜炎 が 1件 、
マイコプラズマ肺炎 が 4件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 2件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週のA群溶血性レンサ球菌咽頭炎地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 9 2.25
山城北 8 0.80
山城南 2 0.67
南丹 2 0.40
中丹西 25 8.33
中丹東 5 1.00
丹後 1 0.25
京都市 44 1.02
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南