ここから本文です。

地域包括支援センター

設置基準

  • おおむね人口2万人~3万人に1箇所を目安に設置
  • 市町村直営又は老人介護支援センター(在宅介護支援センター)設置者等で地域支援事業(包括的支援事業)の受託者

職員配置

       保健・医療・福祉・介護など、さまざまな面から、以下の専門職が協力して、『地域包括ケア』を推進しています

  • 保健師又は経験のある看護師

  • 社会福祉士

  • 主任介護支援専門員

 

1号被保険者数 保健師等 社会福祉士 主任介護支援専門員
3,000人以上 1 1 1
2,000人以上3,000人未満 1 1
1,000人以上2,000人未満 2
※うち1名は他の業務との兼務又は非常勤で可
1,000人未満 1~2
※いずれも他の業務との兼務又は非常勤で可

事業内容

包括的支援事業(必須事業)

1介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)

2総合相談・支援

3権利擁護

4包括的・継続的ケアマネジメント支援

指定介護予防支援事業

指定介護予防支援事業所として、介護予防給付(要支援1、要支援2)のケアマネジメント

設置・運営

地域包括支援センターの設置・運営に関しては、中立性の確保、人材確保支援等の観点から、「地域包括支援センター運営協議会」(地域のサービス事業者、関係団体被保険者等で構成)が関わる。

地域包括支援センターのイメージ(PDFファイル、52KB)(PDF:52KB)(厚生労働省作成資料より)

京都府の地域包括支援センターの設置状況

  • すべての市町村で平成18年4月に設置
  • 地域包括支援センター126ヶ所(うち京都市内61ヶ所)
  • サブセンター4ヶ所
    地域包括支援センター設置法人が、支所を設置し自法人の職員又は在宅介護支援センターの職員等を臨時職員として勤務させ、機能の一部を行わせるような形態。
  • ブランチ28ヶ所
    住民の利便性を考慮し、地域の住民から相談を受け付け、集約した上で、地域包括支援センターに繋ぐための「窓口」。在宅介護支援センターを活用。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4570

ファックス:075-414-4615

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?