ここから本文です。

お知らせ(注意喚起、イベント情報など)

 海洋センターでわくわく体験しませんか

今夏も、京都の水産業や海の生き物の魅力を府民の皆様にお伝えする施設公開を行います。
日時:平成30年7月27日(金曜日)午前10時~午後4時

京都府の海洋調査船や漁業巡視艇に乗船できるチャンスです!
(要事前申込み:7月2日(月曜日)午前9時受け付け開始 申込み先電話番号:0772-25-0129(京都府水産事務所))

ほかにも、京都府ならではのトリガイに触れたり、魚を解剖したり、
海のどきどき★わくわく体験が貴方をお待ちしております。

詳しくはこちら↓
施設公開チラシ(PDF:425KB)

水産用抗菌剤の購入時に使用指導書が必要になります

養殖業者の皆様へ

抗菌剤の本来の効果が発揮されない薬剤耐性菌への対策が国際的に問題になっています。薬剤耐性菌は抗菌剤の使いすぎなどにより増えるため、抗菌剤を正しく使うことにより薬剤耐性菌の出現を抑えようという取組がわが国の水産分野においても平成30年1月1日より開始されました。今後は水産用抗菌剤の購入時に水産試験場等が発行する使用指導書が必要になり、京都府では水産事務所が発行業務を行います。

 

  提出書類 記入例 提出先
原則

水産用医薬品の使用記録票(別記様式第1号)の写し

水産用抗菌剤使用指導書交付申請書(別記様式第2号)

水産用医薬品の使用記録票(例)(PDF:92KB)

水産用抗菌剤使用指導書交付申請書(例)(PDF:88KB)

京都府水産事務所
緊急時 理由書(別記様式第4号) 理由書(例)(PDF:82KB) 医薬品販売会社

 

 注意事項

  • 使用指導書は発行日から1年間有効です。有効期間内であれば、何度でも指導書の内容に従って水産用抗菌剤の購入が可能です。
  • 医薬品販売会社へ提出するのは使用指導書の写しです。原本は必ずお手元に保管して下さい。
  • 魚の不調の原因特定には1週間程度かかる場合があります。魚の様子が変だなと感じたらなるべく早く水産事務所へご相談下さい。
  • 使用指導書の交付を待つことができないなどの緊急時に限り、医薬品販売会社へ理由書(別記様式第4号)を提出することで水産用抗菌剤の購入が可能です。
  • 水産用イソジンやパイセスなどの消毒剤、マリンサワーなどの駆虫剤は抗菌剤ではありませんので、今までどおり購入することができます。

 

参考資料

 

魚の様子がいつもと違う場合や、水産用医薬品のことでわからないことがある場合は、京都府水産事務所へお気軽にご相談下さい。

大切に育てている魚を安心して食べてもらうため、水産用医薬品を使用した場合は必ず記録を残すようにしましょう。

 渓流魚釣り解禁情報

3月上旬から中旬にかけて京都府内の河川で渓流魚釣りが解禁されます。

平成30年の京都府渓流魚解禁情報(PDF:102KB)

京都府内水面漁業協同組合連合会ホームページ(外部リンク)にジャンプします(現在、平成30年の解禁情報は更新されていません)。

 京都の美味しい魚介類のPRにご協力いただけるお店を募集します!

「海の京都」エリアには「天橋立」や「伊根の舟屋」など多くの観光スポットがありますが、四季折々に水揚げされる新鮮で美味しい魚も大きな魅力の一つです。

このエリアに来訪される多くのお客様に、これらの魅力をお届けするとともに、さらなるエリアへの集客と観光消費のアップにつなげるため、京都府では、関係市町や京都府漁協と協力して、観光情報サイトやSNSなどの各種メディアを通じた、おすすめの店舗や旬の魚介類などの情報発信をはじめます。

つきましては、このPRにご協力いただける店舗の募集を開始しますので、ぜひご応募いただきますようお願いします。

対象店舗や応募方法等の詳細は、募集概要ページをご覧ください。

多くのご応募お待ちしています!

募集チラシ(PDF:961KB)

「海の民学舎」第4期生の2次募集を行います

平成30年度海の民学舎第4期漁業研修生の2次募集を行います。
出願期間:平成30年2月5日(月曜日)から2月26日(月曜日)まで。

詳しくはこちら↓
「海の民学舎」ホームページ(外部リンク)

 「海の民学舎」第4期生の募集が開始されました

京都府の水産業の振興と北部地域の活性化に向けて、新たな個人漁業者や漁業経営体の育成、若手漁業者の経営力向上、加工・海業等の漁村ビジネスおこしのリーダーを育成します。

海洋センターでわくわく体験しませんか

今夏も、京都の水産業や海の生き物の魅力を府民の皆様にお伝えする施設公開を行います。
日時:平成29年7月28日(金曜日)午前10時~午後4時

京都府の海洋調査船や漁業巡視艇に乗船できるチャンスです!
(要事前申込み:7月3日(月曜日)午前9時受け付け開始 申込み先電話番号:0772-25-0129(京都府水産事務所))

ほかにも、京都府ならではのトリガイに触れたり、魚を解剖したり、
海のどきどき★わくわく体験が貴方をお待ちしております。

詳しくはこちら↓
施設公開チラシ(PDF:358KB)

 平成29年度京都府職員等採用試験について

平成29年度の京都府職員等採用試験の施行計画が公表されました。(平成29年4月14日)

京都府職員(上級)採用試験ページ

 出荷自主規制が解除されます(平成29年3月8日)

平成29年2月1日に出荷自主規制をお知らせした宮津湾産二枚貝ですが、3月7日の貝毒公定法検査において貝毒が無いことが確認されました。

この結果を受け、同湾における二枚貝の出荷自主規制は本日3月8日をもって解除されます。

京都府漁業協同組合のホームページ(外部リンク)

京都府漁業協同組合からの広報資料(PDF:107KB)

出荷自主規制が行われています(平成29年2月1日)

宮津湾産のマガキ、アサリから貝毒が検出され、同海域で貝毒原因プランクトンの発生が確認されたため、京都府漁業協同組合(外部リンク)が同湾産のマガキ、アサリの出荷を自主的に停止しています。

宮津湾では、その他二枚貝も毒化している可能性がありますので、決して採って食べないでください。

なお、マガキ、アサリなどは漁業権の対象となっていますので、一般の方は採捕できません。詳しくは、水産事務所のホームページをご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?