ここから本文です。

丹後の海の生き物(マダイ(鯛の鯛))

マダイ2


  おせち料理で鯛を召し上がった方もおられるでしょう。鯛は体の中にもうひとつ鯛を持っているのを御存知でしょうか。胸鰭の根元にある骨なのですが、その形が魚の形に似ていることからこう呼ばれます。胸鰭の付け根の身をほぐし、骨を外していくと出てきます。魚は骨があるから嫌いというお子さんが多いようですが、手頃な値段で手に入るアラを買って、兜焼き(煮)にして食べると、お子さんとの会話も弾むのではないでしょうか?
  食べながら鼻の穴や胸鰭にも注目して下さい。鼻の穴が片方に一つだったり、鰭の線が乱れていたら、放流マダイか、養殖マダイです。
  春4月には色鮮やかな桜鯛の季節となりますが、海洋センターでは、この鼻の穴等を目印に放流マダイの獲れ方を調べています。
 
京都府立海洋センター海洋調査部長 中路 実
(平成21年1月9日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?