ここから本文です。

関西広域連合

関西広域連合の最近の動き

報道発表(外部リンク)

広域連合が行う事業等についての報道発表です。

広域連合議会(外部リンク)

広域連合の議決機関で、構成団体の議会から議員が選出されています。

広域連合委員会(外部リンク)

広域連合の運営上の重要事項に関する方針を広域連合長が決定するにあたり、構成団体等の多様な意見を反映させるため、構成団体の長が事務分野ごとの「担当委員」として執行責任を担う仕組みの合議機関です。   

関西広域連合とは

2府5県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)が結集して、平成22年12月1日に「関西広域連合」が設立されました。
「関西広域連合」は複数の府県が参加する、全国初の広域連合です。
平成24年より4政令市(京都市、大阪市、堺市、神戸市)が、平成27年には奈良県も新たに加わり、府県域を越える広域課題に取り組むことはもとより、地方分権の突破口を開き、我が国を多極分散型の構造に転換することを目指しております。
現在は7分野(広域防災、広域観光・文化・スポーツ振興、広域産業振興、広域医療、広域環境保全、資格試験・免許等、広域職員研修)の広域事務等を担っています。
京都府は「広域観光・文化振興」分野の担当府県として、戦略的な観光・文化振興を進め、さらに魅力ある関西を創出していきます。

目的1 分権型社会の実現へ

中央集権体制と東京一極集中を打破し、地域の自己決定、自己責任を貫ける分権型社会を実現するため、広域課題に地域が主体的に対応できる現実的な仕組みづくりを、関西が全国に先駆けて立ち上げ、地方分権の突破口を開きます。 

目的2 関西全体の広域行政を担う責任主体

東南海・南海地震発生に備えた広域防災体制の整備やドクターヘリによる広域的な救急医療体制の確保、関西の資源や魅力を活かした広域的な観光振興など、住民の安心・安全を守り、関西を活性化する広域行政を関西が一体となって担います。

目的3 国の出先機関の事務の受け皿づくり

出先機関を中心とした国の事務、権限のうち、広域自治体が担うべき事務の移譲を受けて、国と地方の二重行政を解消し、関西全体としてスリムかつ効率的な体制への転換を目指します。

関西広域連合のパンフレットはこちらをご覧ください。

パンフレット(平成27年12月現在)

表紙(外部リンク)   

1ページ(外部リンク)

2ページ(外部リンク)

3ページ(外部リンク)

4ページ(外部リンク)

5ページ(外部リンク)

6ページ(外部リンク)

裏表紙(外部リンク)

パンフレットは、戦略企画課に置いてありますが、送付を希望される場合は、こちら(外部リンク)をご覧ください。

  

関西広域連合に関するQ&A

関西広域連合に関する疑問はこちらからどうぞ!

関西広域連合に関するQ&A

  

関西広域連合へのご意見を募集しています 

 「関西広域連合」への期待、心配ごと、わからない点など、どんなことでもご意見をお聴かせください。

様式は問いません。郵送、メール、ファクスでお送りください。

(送り先)

  • 郵送の場合
    〒602-8570 京都府戦略企画課あて(住所は不要です)
  • メールの場合 senryaku@pref.kyoto.lg.jp
  • ファクスの場合 075-414-4389 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部戦略企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

senryaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?