トップページ > インフラ > 公共事業・一般 > 京都府の建築と指導 > 宅地建物取引業免許及び宅地建物取引士について

ここから本文です。

宅地建物取引業免許及び宅地建物取引士について

宅地建物取引業の免許申請や、免許後の変更届に必要な提出書類、宅地建物取引士の登録手続等は、次のとおりです。

 

【宅地建物取引業者名簿閲覧業務休止のお知らせ】

令和3年4月26日(月曜日)から全ての閲覧所(建築指導課内及び各土木事務所建築住宅課内)で宅建業の閲覧業務を休止することとしました。再開につきましてはまだ未定ですので、決まり次第お知らせいたします。

御協力よろしくお願いいたします。

 

「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」において、宅地建物取引業法が一部改正され、令和元年9月14日に施行されました。これにより、宅建業免許等に係る欠格事由とされていた「成年被後見人又は被保佐人」は削除され、代わりに「心身の故障により宅地建物取引業を適正に営むことができない者として国土交通省令で定めるもの」等が欠格事由として新たに設けられることとなりました。

京都府では、宅建業免許等の申請の際は、「成年被後見人及び被保佐人に該当しない旨の後見等登記事項証明書」及び「身分証明書」の添付を求めることとしています。「成年被後見人及び被保佐人に該当しない旨の後見等登記事項証明書」を添付できない場合は、京都府建築指導課宅建業係(075-414-5343)まで御相談ください。


問い合わせ先

京都府 建設交通部建築指導課 宅建業係
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入る
TEL 075-414-5343
FAX 075-451-1991

お問い合わせ

建設交通部建築指導課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-1991

kenchiku@pref.kyoto.lg.jp