ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > CSF(豚熱)警戒本部の設置と会議開催について

ここから本文です。

CSF(豚熱)警戒本部の設置と会議開催について

京都府では、愛知県、岐阜県、長野県、滋賀県、大阪府の養豚場におけるCSF(豚熱)の感染を受け、警戒体制を一層強化するため、京都府CSF(豚熱)警戒本部を設置し、警戒本部会議を開催しました。

京都府CSF(豚熱)警戒本部の設置

目的

情報の収集・集約、豚等飼養者等への防疫対策等の一層の徹底と、野生イノシシへの警戒体制に万全を期すため

設置日

平成31年2月6日(水曜日)

京都府CSF(豚熱)警戒本部会議の開催

平成31年2月6日開催

令和元年7月24日開催

令和2年4月14日開催(書面開催)

令和2年4月28日開催(書面開催)

CSF(豚熱)について

参考情報

 

[豚とイノシシに特有の病気であり、人には感染しません。]

[豚コレラに感染した豚の肉や内臓を食べても人体には影響がありません。]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部消防保安課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

shobohoan@pref.kyoto.lg.jp

農林水産部畜産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

chikusan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?