ここから本文です。

ダブルケアサポート事業について

急速に少子高齢化が進行する中、晩婚化に伴う出産年齢の高齢化等により、同時期に「育児」と「介護」の両方に直面する「ダブルケア」の問題が生じています。

京都府では、ダブルケアに直面する人(以下「ダブルケアラー」という)が、ダブルケア経験者と悩みを共有したり、情報収集をしたりすることで、負担感を軽減し、育児及び介護に前向きに取り組めるよう支援するため、下記事業を実施しています。

ダブルケア ピア・サポーターの養成講座

現在ダブルケアで悩んでいる人々の不安や悩みに共感し、必要な情報提供や生活上の相談に乗るための基本的な知識・技術を身につけた「ダブルケア ピア・サポーター」を養成しています。

令和2年4月時点で、延べ18名のダブルケア ピア・サポーターを認定しました。

令和2年度の養成講座については、以下のとおり開催しますのでお知らせします。

1.日時

令和3年3月6日(土曜)13時~15時30分

  • オンライン会議システムZoomを利用したオンライン講座です。
  • 参加方法に不安のある方には、受講前の個別フォローも可能です。Zoomが初めての方でもご安心ください。

2.対象者

京都府内のダブルケア経験者、現在ダブルケア中の方

  • 講座修了後に認定証を交付します。認定された方には、今後京都府や市町村が実施するダブルケア支援事業において、ピア・サポーターとして活動協力いただきます。

3.内容

  • あなただからできる、ピア・サポーター
    ピア・サポーターの知識と相談の基本
  • ダブルケアの問題と特徴
    ダブルケアは個人の問題ではなく社会で支えるべきもの
  • いろいろなダブルケア
    ダブルケア事例紹介、体験談の共有
  • ダブルケア支援の事例
    共感の場づくり「ダブルケアカフェ」のはじまりと現在
  • ダブルケアカフェをやってみよう
    即席ダブルケアカフェでロールプレイング

4.申込方法<申込締切:令和3年3月1日(月曜)>

下記チラシ裏面の「受講申込書」に、必要事項を記入の上、FAXもしくはメールで申込をお願いします。
なお、チラシは、府保健所や市町村、地域包括支援センター等でも入手していただけます。

5.申込・問い合わせ先

一般社団法人ダブルケアサポート

電話:045-324-5033

FAX:045-548-4514

Email:wcareyokohama@gmail.com

ダブルケア ピア・サポーターの派遣

府内市町村や府保健所、その他ダブルケア支援を実施する団体が、ダブルケアラー同士の交流や情報交換の場となる居場所づくりを行う場合に、養成講座を修了したダブルケア経験者をピア・サポーターとして派遣します。

派遣先

京都府内

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

居場所づくり事業を行うにあたっては、新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、オンラインの活用をご検討ください。オンラインの活用については、下記申込先までご相談ください。

また、屋内で開催される場合には、下記を中心とした感染防止対策をお願いします。

  • 密集・密閉・密接を避けるため、収容定員の半分程度以下の参加人数とし、参加者同士の間隔をあけること。
  • 随時換気を行うこと。
  • 参加者に対して、検温の実施、手指消毒、マスク着用等の防止対策をして参加するよう周知すること。

申込の流れ

(1)「ダブルケア支援事業実施計画書(様式1)」をご提出ください。

(2)書類を確認後、ピア・サポーターと調整し、派遣を決定します。

(3)派遣の決定後、ピア・サポーターと当日に向けた確認・調整を行ってください。

(4)事業終了後は、「ダブルケア支援事業実施報告書(様式2)」をご提出ください。

申込・提出先

きょうと子育てピアサポートセンター

〒601-8047京都市南区東九条下殿田町70(京都府民総合交流プラザ 京都テルサ 東館2階)
TEL075-692-3444
FAX075-692-3447
E-mailkodomo@pref.kyoto.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?