ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 認知症・高齢者虐待・身体拘束 > “認知症にやさしい”異業種連携シンポジウムを開催します

ここから本文です。

“認知症にやさしい”異業種連携シンポジウムを開催します

2025年には、高齢者の5人に1人が認知症を発症すると見込まれています。
超高齢化社会の先頭を走る日本においては、高齢者、認知症の人に身近なサービスを提供する企業も、認知症になっても安心して暮らし続けられる社会(“認知症にやさしい” 社会)構築の一端を担っています。 京都において異業種連携により“認知症にやさしい” サービスの検討を始めた企業が現在の活動を語ります。 みなさんも“認知症にやさしい” 異業種連携について考えてみませんか。

“認知症にやさしい”異業種連携シンポジウム

日時

2019年7月6日(土曜日)午前10時~正午

会場 

京都学・歴彩館 大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-29)

内容

第1部 トークセッション「人生100年時代を生き抜くためのサービス開発への期待」

 

瀧俊雄氏

成本迅氏

瀧 俊雄氏
(株式会社マネーフォワード取締役執行役員Fintech研究所長)
成本 迅氏
(京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学教授)

 

第2部 パネルディスカッション「“認知症にやさしい”サービスの検討と実践」

京都において異業種連携により“認知症にやさしい”サービスの検討を始めた企業が現在の活動や今後の抱負を語ります。

 ・“認知症にやさしい”異業種連携協議会参画企業
 ・瀧 俊雄氏
 ・成本 迅氏
 ・松本 惠生氏(京都市地域包括支援センター・在宅介護支援センター連絡協議会副会長、京都市岩倉包括支援センター)

主催

京都府立医科大学・京都府・一般社団法人日本意思決定支援推進機構

定員 

400名

参加費

無料

申し込み・問い合わせ

 下記のHPの入力フォームからお申し込みください。
 FAX、メールでお申し込みいただく際は、「企業名・団体名」「所属」「住所」「氏名」「連絡先(電話・メール)」をご連絡ください。

申し込み・問い合わせ先

一般社団法人日本意思決定支援推進機構内「“認知症にやさしい”異業種連携シンポジウム」事務局
〒601-8382 京都市南区吉祥院石原上川原町21番地
TEL 075-693-9363 FAX 075-693-9360
Email info.dmsoj@gmail.com
申し込みフォーム https://www.dmsoj.com/kenkyu

“認知症にやさしい”異業種連携協議会とは

認知症になっても個人の尊厳が尊重され、安心して暮らし続けられる社会の実現のため、高齢者、認知症の人に身近なサービスを提供する企業が異業種連携により“ 認知症にやさしい” サービスを検討し、実践することを目的として2019年6月に設立。
京都府、京都府立医科大学等が参画し、産学官連携により取組を推進。

活動内容

  • “認知症にやさしい”異業種連携共同宣言(仮称)の策定及び普及
  • 業種別のガイドラインの策定及び普及 
  • 異業種連携による“ 認知症にやさしい” サービスの検討
  • その他協議会の目的の達成に資する取組

参画企業

  • 情報通信:ソフトバンク株式会社
  • 運輸:株式会社キャビック、都タクシー株式会社
  • 小売:京都生活協同組合、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ハートフレンド(スーパーフレスコ)、ゆう薬局グループ株式会社ゆうホールディングス
  • 金融・保険:株式会社京都銀行、三井住友信託銀行株式会社、京都信用金庫、京都中央信用金庫、東京海上日動火災保険株式会社、第一生命ホールディングス株式会社(第一生命保険株式会社・第一フロンティア生命保険株式会社)
  • 不動産:株式会社エルハウジング、株式会社フラットエージェンシー
  • 医療・福祉株式会社ベネッセシニアサポート、ソーケンメディカル株式会社
  • 警備:綜合警備保障株式会社

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?