ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 認知症・高齢者虐待・身体拘束

ここから本文です。

認知症・高齢者虐待・身体拘束

京都府では、認知症高齢者に関する対策、問題が潜在化しがちな高齢者虐待の防止、介護保険制度で禁止されている身体拘束の廃止など、適正かつ円滑な介護・福祉サービスを提供するため市町村と連携し、地域包括支援センター、介護支援専門員(ケアマネジャー)、その他介護保険事業者等を支援するとともに、地域の関係団体や組織等の連携強化によるネットワーク体制の構築に取り組むことで、高齢者に対するケアの質の向上を図り、高齢者の自立を支援しています。

認知症

認知症に関する電話窓口(京都府認知症コールセンター)

京都府では、フリーダイヤルによる電話相談を実施しています。認知症に関する知識や介護の仕方などなんでもお気軽に御相談ください。少しでも、心が軽くなり、元気を出してもらえるよう、認知症介護経験者がていねいにお聴きします。

 ・電話番号 0120-294-677(フリーダイヤル)

 ・相談日時 平日(月曜日から金曜日)の10時00分~15時00分

 ※土曜日、日曜日、祝祭日、お盆(8月13日~8月16日)、年末年始(12月27日~1月5日)を除く

  ・相 談 料 無料

  ・相 談 員 認知症介護経験者(「公益社団法人 認知症の人と家族の会」京都府支部の会員)

認知症に対応可能なかかりつけ医

認知症は早期に対応することにより、治療が可能であったり、進行を遅らせたりすることができます。認知症かなと思ったら早めに医療機関で診てもらうことが大切です。
京都府では、高齢者が日頃から受診する医師を対象に、認知症診断の知識や家族からの相談に対応する能力等の向上を図るため、「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を実施しています。
上記研修のかかりつけ医認知症対応力向上研修修了者名簿(PDF:309KB)(京都市以外)を公表しますので、参考にしてください。

なお、京都市分については、こちら(外部リンク)(京都市ホームページ)を参考にしてください。

高齢者虐待

身体拘束

介護保険制度が平成12年4月にスタートしたことに伴い、介護保険施設等では、入所している高齢者の行動を制限する身体拘束などの行為が禁止されました。

身体拘束に関する相談窓口

京都府では、身体拘束に関する相談窓口を設置しています。どなたでもお気軽にご相談ください。
電話 075-414-4590(京都府高齢者支援課内)
受付時間 月曜日~金曜日/9時00分~17時00分(祝日を除く)

各種相談窓口

高齢者やそのご家族の方を手助けするために、上記の相談窓口のほかにもさまざまな機関があらゆるご相談に応じています。


お問い合わせ先
京都府健康福祉部 高齢者支援課
〒602-8570
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町(京都府庁第1号館4階)
電話 075-414-4570・075-414-4674
ファックス 075-414-4572
Eメール koreishien@pref.kyoto.lg.jp

シルバー・インフォメーション(高齢者のための府政ガイド)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4567

ファックス:075-414-4615

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?