ここから本文です。

システム設計科

 

科の説明

プログラミング経験のない方を対象に、コンピュータ業界の技術者(プログラマ、システムエンジニア)として必要な技術の習得を目指します。

  • 業務系や組込み系等のコンピュータシステムの設計・開発
  • グループ課題を通してコミュニケーション力及びプレゼンテーション力を育成
  • 業務を想定した課題を通して問題発見・解決力及び論理的思考力を育成

 

  システム設計科リーフレット(PDF:4,484KB)

 

システム設計科トピック

29年度トピック

28年度トピック

27年度トピック

26年度トピック

25年度トピック

メディア掲載

訓練の内容

学科は、基本情報技術者試験(国家試験)合格を目標として知識を学びます。実技は、業務を想定した訓練課題に対してグループで分析・設計・開発することで、コンピュータシステム開発技術者として必要な実践的技術及びヒューマンスキルの習得を目指します。

<学科>情報工学概論・ハードウェア概論・情報処理システム概論・ネットワーク概論・情報システムセキュリティ概論・プログラミング論・オペレーティングシステム・システム工学 等

<実技>プログラミング基本実習・プログラム設計実習・システム設計実習・業務分析実習・ネットワーク構築実習・Webシステム開発実習・制御プログラミング実習・修了製作実習 等

修了生の主な就職先

就職についてはこちら

将来の活動分野

  • コンピュータシステム開発業務(プログラマ、システムエンジニア)
  • 社内システムの管理・保守業務(社内SE)

受験可能な資格

  • 基本情報技術者試験(IPA)
  • ITパスポート試験(IPA)
  • Javaプログラミング能力認定試験(サーティファイ)

資格取得

  • 技能士補

おもな設備

  • 実習用サーバ、実習用クライアントPC、組込み実習用ロボット 等

実習風景

プログラミング実習 プレゼンテーション発表会
システム設計グループ課題会議 プログラミング実習

修了生からのひとこと

本課程においてコンピュータに関する基礎知識、プログラミングに加え、社会人としての心構えなどを学びました。日々の訓練は厳しい面もありましたが、IT業界で求められる基礎技術は身についたと感じています。新卒で入校した私にとっては非常に有益な経験となりました。2年間は、長いようで短い期間なので、訓練は決してやさしくありませんが、コンピュータへの興味と”やる気”があれば充実した訓練生活が送れると思います。(H20年修了生)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

電話番号:075-642-4451

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?