ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 京都府鴨川条例について

ここから本文です。

京都府鴨川条例について

条例制定の背景

鴨川は、悠久の歴史の中で千年の都と京文化を育んできた川であり、今も大都市にあって清澄さを保ち、憩いの場として多くの人に親しまれている河川です。

しかし、一方では、放置自転車など快適な利用を妨げる行為や周辺の施設・設備による景観阻害、さらには環境面を含めた幅広い課題があります。

条例の基本理念

鴨川等の安心・安全で良好かつ快適な河川環境の整備と保全は、歴史と文化的価値を理解した上で、

  • その継承
  • 自然、社会的環境との調和
  • 適正な利用調整
  • 府民協働の推進

を旨として行われるべきものと定められました。

条例の概要等

条例の概要など詳しくは京都府鴨川条例(京都府ホームページ)をご覧ください。

規制事項等

鴨川、高野川の快適な利用の確保及び良好な河川環境の保全のための規制等が設けられています。

その他、お知らせ

鴨川府民会議の概要や過去の開催結果は「鴨川府民会議」(京都府河川課ホームページ)でご確認いただけます。

お問い合わせ

建設交通部京都土木事務所

京都市左京区賀茂今井町10-4

ファックス:075-701-0104

kyodo-kikakusomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?