ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府南丹広域振興局 > ようこそ南丹保健所ホームページへ

ここから本文です。

南丹広域振興局

ようこそ南丹保健所ホームページへ

今月の話題

 

 

 

 かぜは、のどの痛み・咳・発熱・鼻水などの症状が中心です。
 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身症状が強く、特に高齢者や子どもでは重症化への注意が必要です。
 次の5つの予防ポイントを心がけ、インフルエンザを予防しましょう。 

 

1.栄養・休養をとりましょう

 2.手洗い・うがいをしましょう

栄養・休養をとりましょう

手洗い・うがいをしましょう

 

3.マスクをしましょう

4.人混みを避けましょう

5.ワクチンを接種しましょう

マスクをしましょう

人混みを避けましょう

ワクチンを接種しましょう

 

関連サイト

京都府のインフルエンザ情報(http://www.pref.kyoto.jp/kentai/flu.html
京都府の感染症発生状況(http://www.pref.kyoto.jp/idsc/
厚生労働省 インフルエンザQ&A(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html(外部リンク)

ライン

2020年子育て環境日本一・健康長寿の地域づくりに取り組みます

 


京都府南丹保健所長 廣畑 弘

 
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 2020年になりました。全国的には東京オリンピック・パラリンピック、京都丹波では、京都スタジアムのオープン、また、地域ゆかりの明智光秀公を主人公としたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が1年間放映されます。活気があり、楽しく、そして思いやりがあふれた1年となることを祈っています。

 さて、京都府では昨年10月、府政運営の指針となる新しい京都府総合計画「京都夢実現プラン」を策定するとともに地域版を策定しました。南丹地域の地域版(南丹地域振興計画)では、地域の将来像(20年後に実現したい姿)を「来てよし、観てよし、住んでよし」「交流人口・関係人口1,000万人超の賑わいと活気のある京都丹波」をイメージしながら、特に今後4年間の取組み行動を定めています。保健所関係では、「子育て支援」「高齢者支援」「障害者・患者支援」「健康づくり」「環境衛生」「健康危機管理」が柱ですが、特に「子育て環境日本一」「健康長寿の地域づくり」に関係者とともに取り組みます。 

TOPICS


管内の感染症発生動向毎週更新しています!

メニュー

 

京都府南丹保健所(所管地域:亀岡市、南丹市、京丹波町)

TEL:0771-62-4751
FAX:0771-63-0609
E-メール::nanshin-ho-nantan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp
南丹保健所のご案内(所在地と連絡先フロアガイド(PDF:135KB)組織と業務相談窓口

一般クリニック(健康診断)について

これまで実施しておりました、一般クリニック(健康診断)は、平成24年度以降実施しておりません。
健康診断については、お近くの医療機関にて受診いただきますようにお願いいたします。

「東日本大震災」義援金の受付

「東日本大震災」義援金受付について(京都府ホームページ)

行事・事業のご案内

月間行事予定(1月分(PDF:261KB)2月分(PDF:259KB)

地域情報とリンク集

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

南丹広域振興局健康福祉部 南丹保健所

南丹市園部町小山東町藤ノ木21

ファックス:0771-63-0609

nanshin-ho-nantan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?