ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 農業を活かし農家を支える > みんなで話し合おう 農地のこと、担い手のこと

ここから本文です。

みんなで話し合おう 農地のこと、担い手のこと

農地中間管理事業について

 農地中間管理事業の推進に関する法律に基づき、農地の有効利用の継続や農業経営の効率化を進める担い手への農地の集積・集約化を推進するため、「農地中間管理機構」が農地所有者と担い手との間に介在し、農地の借受・貸付を促進する事業です。

農地中間管理機構とは

 担い手への農地の集積・集約化を進めるために、法律に基づき都道府県知事が指定し、都道府県に一つ設置される農地の中間的受け皿となる組織です。京都府では「公益社団法人京都府農業総合支援センター」を指定しています。

農地中間管理事業の推進に関する基本方針について

 農地の集積・集約化を一層促進し、効率的かつ安定的な農業経営体を育成するため、農用地の集積面積の目標等(今後10年間)農地中間管理事業の推進に関する基本方針を、平成26年6月に策定しました。

関連リンクと関連資料

 公益社団法人京都府農業総合支援センター(外部リンク)

 農地中間管理事業の推進に関する基本方針(PDF:112KB)

 市町村ごとの人と農地の状況(PDF:220KB)

農業を始めるきっかけづくり

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部経営支援・担い手育成課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5039

ninaite@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?