ここから本文です。

環境部の紹介 [農林センター]

 


 

 環境部では、環境と調和した農業技術の開発をめざし、食の安全性・信頼性の確保と健康に良い食の供給を支える研究、収益性の高い農林漁業経営を支える研究、豊かな地域環境を守る研究に取り組んでいます。

食の安全性・信頼性の確保と健康に良い食の供給を支える研究

難防除微小害虫の色に対する視覚反応の解明と反応特性を利用した防除技術の確立

 アザミウマ類、コナジラミ類、ハモグリバエ類などの微小害虫を対象に、有色ネットに対する行動反応特性を解明し、防除効果の高い有色ネットを開発します。有色ネットの効果を検討し、メカニズムを解明して防除の難しいこれらの微小害虫の物理的防除方法を確立します。

赤色ネット

赤色ネットの防除試験(ビニールハウス)

新病害ネギえそ条斑病の発生生態の解明と防除技術の確立

 ネギえそ条斑病の府内における発生生態を解明するとともに、本病原ウイルスの媒介昆虫である、ネギアザミウマの府内の系統分布や殺虫剤感受性の地域間差異、さらに、ネギ品種の違いによる本病発病程度やネギアザミウマ食害程度の差異を調査ています。また、土壌消毒によるネギアザミウマの発生密度低減効果を明らかにし、これら解明した技術を組合せ、本病の総合管理体系を確立します。

ネギ調査

圃場のネギアザミウマ調査 

農作物の病害虫に関する現地対策調査

  農作物への突発的な病害虫の発生に対して情報収集を図るとともに、対応策を検討します。農林水産省のプロジェクトに参画して、ナスに発生する10種の主要病害虫の画像を大量に収集し、別途作成されるAI病害虫診断アプリケーションの開発に協力しています。例えば、食害痕の形状を写真で識別し、害虫を特定できる人工知能の開発を目指しています。

 
食害痕の違い (左: トマトハモグリバエ(渦巻き状でない) 右:マメハモグリバエ(渦巻き状))

 

低カドミウム稲品種の安定生産のための栽培方法の確立

 

 


写真左:低カドミウム稲の生育状況 写真右:汚染土壌を使ったドレンベッド試験

 

 新肥料効果確認試験

 有機質資材の入った肥料を用いて、追肥回数の削減に結びつく省力・効率的な肥培管理技術を確立します。

 

農薬登録拡大支援調査

 

 地域特産物に対する農薬の防除効果と薬害の有無を調査し、農薬適用拡大登録のための資料を作成します。

 
トウガラシの試験圃場

 病害虫発生予察調査及び侵入害虫等調査

 京都府内の農作物の病害虫の発生状況を調査し、予察情報を農家・関係機関等に提供しています。これにより適期かつ効率的な防除に役立てて農作物の被害防止につなげ、必要最小限の農薬散布を目指すことで環境保全に寄与します。また、外国からの重要病害虫(チチュウカイミバエ、ナシ火傷病等)の侵入警戒調査を行っています。

詳しくは 

病害虫防除所のページへ

 

収益性の高い農林漁業経営を支える研究

加工用キャベツの長期安定出荷技術の開発

 加工業者から要望のある4~5月及び10月出荷のキャベツの安定出荷のため、丹後地域に適した省力かつ効率的な施肥技術を開発します。

 
加工用キャベツの圃場 

豊かな地域環境を守る研究

農地管理実態調査(農地土壌温室効果ガス排出量算定基礎調査)

 政府の地球温暖化対策計画では2030年度に温室効果ガスの発生量を26%削減(2013年度比)することが中期目標とされています。農地を二酸化炭素の吸収源として活用するための農地管理方法と農地の炭素貯蓄量の関係を調査しています。

水田炭素1水田炭素2
写真左:水田における炭素貯留量調査 写真右:炭素量を測定する機器(NCアナライザー)

野生動物「撃退器」と捕獲装置の組み合わせによる活用方法の提案

 撃退器の適切な使用方法を普及するとともに、撃退器と捕獲装置の組み合わせによる捕獲効率の向上を目指します。

 

野生獣の生態、各種対策技術の普及〈マニュアル集)

詳しくは

鳥獣害対策のページへ

 

 

 カドミウムを吸収しにくい水稲品種を用いて、吸収抑制と品質向上に結びつく栽培方法を確立します。

お問い合わせ

農林水産部農林センター

亀岡市余部町和久成9

ファックス:0771-24-4661

ngc-norin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?