ホーム > 産業・しごと > 入札情報 > 入札契約制度 > 技術者の配置について

ここから本文です。

技術者の配置について

建設工事と技術者の配置について

 建設工事の工事現場に配置すべき技術者や一般競争入札における配置予定技術者に関する京都府の考え方を掲載しています。(平成28年12月27日改正)

契約中の工事における技術者の変更について

 平成28年6月1日付改正建設業法施行令の施行による技術者配置に係る金額要件の変更に伴い、契約中の工事における現配置技術者の変更が認められる場合の考え方を掲載しています。(平成28年6月1日適用)

フレックス工期による技術者等配置の緩和について

 技術者不足や資機材入手困難等により入札参加者数の減少が懸念される工事、工事着手時期に制限を受ける工事等において、競争性が低下するおそれがあること等から、フレックス工期を試行的に導入し、受注者の入札参加を促し公正な競争性を確保します。(平成26年2月1日適用、平成31年2月7日改正)

技術者の専任を要する工事における入札への参加制限の緩和について

 技術者の専任が必要となる3,500万円以上の工事において、技術者専任に係る入札参加制限を緩和することにより、受注者の入札参加を促し、競争性の確保を図ります。(平成25年11月1日適用 平成28年9月28日一部更新)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?