ホーム > 教育・文化 > 国際交流・パスポート > エ 『過去の旅券発給』欄

ここから本文です。

エ 『過去の旅券発給』欄

 

  • 生まれてから一度も旅券(パスポート)発給の申請をしたことがない場合は、『ない』に(チェック)をしてください。 今までに旅券(パスポート)発給の申請をしたことがある場合は、その旅券(パスポート)を現在お持ちかどうかに関係なく、必ず『ある』に(チェック)を付けてください。 旅券(パスポート)を受け取っていなくても申請したことがある場合は『ある』にチェックを付けてください。

 

  • 旅券(パスポート)をお持ちの場合は、旅券番号と発行年月日を記入し、旅券(パスポート)を必ず申請する際に持参してください。 過去に旅券(パスポート)を受け取ったことがあるが現在お持ちでない場合は、お調べしますので、その旨、窓口でお申し出ください。

 

  • 紛失したりして、旅券番号と発行年月日が不明な場合は空欄で結構ですが、状況を申請窓口でお聞きしますので、特に代理提出の場合は、事前にご本人によく確認しておいてください。

 

  • 有効期間中の旅券(パスポート)は、必ず申請時に提出が必要です。

 

  • 有効期限が残っている旅券(パスポート)を紛(焼)失した場合は、紛(焼)失の届出を提出していただき、その後、新規での申請をしていただくことになります。
    有効期間中のパスポートを紛(焼)失された場合については、紛(焼)失の届出のごあんない及び新規申請のごあんないをご覧ください。

お問い合わせ

知事直轄組織国際課 旅券事務所

京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901番地 京都駅ビル8階

ファックス:075-342-0040

ryoken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?