ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > セーフコミュニティ > セーフコミュニティ どんな効果があるの?

ここから本文です。

セーフコミュニティ どんな効果があるの?

人と人との信頼と絆を回復し、安心で安全なまちづくりを進めることにより、次のような効果が期待できます。

外傷や事故が減ります
セーフコミュニティの先進地であるスウェーデンなどでは、この取組を進めることにより、外傷や事故が30%も減少しています。

地域のイメージアップ
心の通う安心・安全なまちづくりが進み、地域のイメージアップが図られます。

地域の再生
セーフコミュニティは人と人とがお互いに信頼しあえる地域を再生し、安心で安全に暮らせるまちづくりを進めるものです。

医療費等の削減
事故や外傷の減少により、医療費や介護費用を削減することができます。

計算してみましょう!

例えば、京都府全域でセーフコミュニティが広まり、高齢者の転倒予防が進み、30%の転倒事故が予防できたら、介護費用はどのくらい削減されるでしょう。

  • 下のグラフのとおり、介護が必要となって理由を見てみると、転倒・骨折が女性で14.8%、男性で5.7%です。
  • 京都府の要介護(要支援)認定者は約86,600人で、上記の比率から転倒・骨折が原因で要介護(要支援)に認定された方々は約1万人と算定されます。
  • セーフコミュニティにより3割の転倒・骨折予防ができるとすれば、約3千人の方の介護を予防できることになります。
  • つまり、3千人の方の介護が不要になり、3千人分の介護費用である、年間約50億円が削減されます。

削減額【試算】
3,000人×139,800円(一人当たり介護費用平均月額)×12月=約50億円/年間

介護が必要になった理由
平成13年国民生活基盤調査

お問い合わせ

府民環境部安心・安全まちづくり推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4255

anshinmachi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?