ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社今しぼり(京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社今しぼり(京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業等を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京の食 京都府の産業支援情報

生きている醤油

(掲載:令和2年12月2日 ものづくり振興課 牧、星)

搾りたての醤油 醤油を搾った後のもろみ

株式会社今しぼり(外部リンク)(綾部市)の多田社長にお話をうかがいました。

里山で醤油づくり

-綾部で昔ながらのこだわりの製法で、醤油づくりをはじめられたきっかけを教えてください。

醤油や味噌といえば、昔は、各家庭で手作りしていましたが、現在は、大量生産された醤油が主流になっており、大豆から脂肪分を除いた「脱脂加工大豆」を使うことで生産効率を高められています。
また、アミノ酸などを加えて作られるものもあります。
そうした中で、私たちは、自然豊かな里山で、昔ながらの製法で、じっくり仕込んだ醤油を皆さんに味わってもらいたい、体験してもらいたいと思いたちました。

-所狭しと醤油樽が並んでいますが、そのこだわりの製法、本醸造醤油の作り方をお聞かせください。

まず、綾部で有機栽培された小麦を、丁寧に時間をかけて香ばしく炒り、石臼などで粉砕します。
また、大豆を一晩水につけ、柔らかくなるまで茹でます。大豆は、今しぼりのメンバーが育てたものや国産のものを使用しています。

小麦と大豆を人肌に冷まして樽に入れ、麹菌をまんべんなく振りかけて、72時間じっくり発酵させます。
こうして、できた醤油麹に沖縄の粗塩と水を加え、醤油のもろみとして仕込みます。
もろみは樽の中で発酵を続け、まずは乳酸菌による乳酸発酵が進み、味に深みを与え、香りを引き立てます。さらに、酵母菌が300種類もの香り成分を作る酵母発酵を続け、深い旨味と豊かな香りを生み出します。

仕込み後、櫂棒でかき混ぜる「櫂入れ」や別の樽に移し替える「天地返し」をしながら、美味しさを追求し、2年の熟成期間を経て、製品にしています。

醤油麹 醤油もろみ

生きている醤油

-大事に育てた醤油を、「今しぼり醤油」をはじめ、「育てる醤油」「食べる醤油」などユニークな商品で提供されていますね。

「今しぼり醤油」は、工房で2年間じっくりと発酵熟成した、搾る直前の醤油もろみをお客様にお届けするものです。
届いて直ぐに、自分でもろみを搾って搾りたての醤油を楽しんだり、もろみをそのまま召し上がったり、いろいろな味わい方をお楽しみいただけます。

「育てる醤油」は、お客様自身が、昔ながらの醤油づくりを体験できるキットで、小麦と大豆に麹菌を培養した醤油づくりの原料と、ミニ樽となるビン、呼吸するための木の蓋がセットになっています。
作る温度や明るさなどの環境や発酵期間によって、お客様オリジナルの醤油に仕上がります。

「食べる醤油」は、「もろみ」を軽く搾り、オイルに漬けたものです。
この商品には、開封期限を設けています。(実際には、賞味期限として記載していますが。)
もろみが生きているので、発酵が進んで内圧が上がり、液漏れしてしまうかもしれないからです。
逆に、開封すれば長持ちするんですよ。

-開封期限ですか。通常は、開封すれば早めに消費するものですが、逆の考え方ですね。

そうです。他社の品質管理部門にいる友人に「こんな商品を考えているんだけど」と相談したら、「すごいことをするんだな」と驚かれると同時に、「常識を覆す商品だけど、おもしろいと思う。」とも言われました。

-「もろみ」って、こんなに美味しいんですね!芳醇な香りとまろやかで深いうま味が混然一体となって・・・言葉にできない美味しさです。

今しぼり醤油 育てる醤油 食べる醤油

里山のくらしを感じる

当社は、綾部で生きていくことを決めて、移住した者が、日々を暮らしていくためにスタートした会社です。
2017年に会社を立ち上げましたが、醤油を仕込んでから商品になるまで2年かかるため、なかなか資金が回収できず、経営状況が厳しくて、一時は解散しようという話も出たほどでした。
テレビ等で取り上げられたのをきっかけに、百貨店や老舗旅館、レストラン・料亭から引き合いがあり、徐々に取引先が増えて、ようやく軌道に乗り始めたところです。
当社の商品や理念に共感いただける方とともに、今後も地道に醤油づくりに取り組んでいきたいと思っています。

里山

自然豊かな里山・綾部で、2年間、ゆっくりと仕込まれる手作りの醤油。
火入れもろ過もせず、生きているそのままの醤油。
里山のくらし、昔ながらのくらしを、醤油を通して感じてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?