ここから本文です。

森林の開発には手続が必要です!

ご存じですか?「森林の開発協議制度」  

府民ぐるみで京都の豊かな緑を守りましょう !

 

 

京都府豊かな緑を守る条例では、森林開発(土石の採掘、土砂の埋め立てなど)を行うときは、知事に対して開発計画を事前に協議するよう、義務付けられています。

問題のある森林開発に適正に対応するため、府民の皆様からの森林開発の情報を京都府にお寄せください。 

 

<協議制度>
1,000平方メートルを超える森林の開発行為は、 事前協議が必要です。(土石の採掘と土砂の搬入が 伴わない場合は、3,000平方メートルを超える開発行為)  

【協議の手続】 

  1. 開発計画書の作成  開発計画者はあらかじめ、京都府の森林開発行為実施基準に適合する計画書を作成します。   
  2.  開発計画の提出  開発計画者は計画書を京都府に提出し、受付されると協議が始まります。 
  3.  協議の終了  開発計画書が実施基準に適合したと認められたときは、協議を終了します。                         
  4.  標識の設置  工事着手にあたっては「森林開発行為に関する工事の標識」を設置することになっています。                         

【お問合せ・ご相談先】

京都府農林水産部森林保全課         075-414-5021
山城広域振興局農林水産部企画調整室  0774-21-3087
南丹広域振興局農林商工部企画調整室  0771-22-1019
中丹広域振興局農林商工部企画調整室  0773-62-2584
丹後広域振興局農林商工部企画調整室  0772-62-4317
京都林務事務所 治山課            075-451-5725

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?