ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 京都府の危機管理・防災 > マルチハザード情報活用促進事業実施要領の廃止について

ここから本文です。

マルチハザード情報活用促進事業実施要領の廃止について

マルチハザード情報活用促進事業実施要領廃止のお知らせ

 

マルチハザード情報活用指導員の皆様

平素より、府内の地域防災の推進について、御理解と御協力を賜り、御礼申し上げます。

 

さて、京都府では平成28年度に「災害からの安全な京都づくり条例」に基づき、水害や地震などの災害危険情報を府民に提供するため、マルチハザード情報提供システムをインターネット上に整備するとともに、府民に対しその活用を図るため、マルチハザード情報活用促進事業を実施してきましたが、マルチハザード情報提供システムの活用が一定進んだこともあり、本事業を終了することとなり、本事業実施要領についても廃止することになりました。

何卒、事情ご推察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

併せて、本事業に係る資機材の貸出しについてですが、今年度をもって終了させていただきます。

なお、今後も上記システムについては継続して運用しますので、引き続き活用いただき、さらなる地域防災力の向上にご尽力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

参考リンク:災害からの安全な京都づくり条例

 

 

京都府危機管理部防災消防企画課

 

 


お問い合わせ

危機管理部防災消防企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

bosaishobo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?