ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 障害者支援課の業務について > 聴覚に障害のある人の社会参加を支える「聞こえのサポーター」養成講習会の開催について

ここから本文です。

聴覚に障害のある人の社会参加を支える「聞こえのサポーター」養成講習会の開催について

京都府では、平成30年度より、府内各地で「聞こえのサポーター」を養成する講習会を開催します。

平成30年3月に施行しました、「言語としての手話の普及を進めるとともに聞こえに障害のある人とない人とが支え合う社会づくり条例」に伴い、聴覚障害のあるなしに関係なく、みんながお互いにかけがえのない個人として尊重し合いながら共に支え合う社会「聞こえの共生社会」の実現を目指します。 

この条例に基づき、「聞こえないってどういうこと?」「どうやってコミュニケーションをしたらいいの?」「手話ってなに?」など、聞こえや手話に関する基礎知識を身に付けた「聞こえのサポーター」を養成します。

 

講習会コース内容

  • ベーシック(1時間、定員30名):講義、手話実技
  • アドバンス(2時間、定員20名):講義、手話実技、難聴者/ろう者/盲ろう者体験

(注※)受講者には「聞こえのサポーター認定証」を交付します。

 

申込方法

下記申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ、社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会法人事業本部<FAX 075(841)8311>まで送付ください。

(注※)開催会場については、申込者側でご準備ください。

(注※)講習会開催日は、原則平成30年8月以降でお願いします。

(注※)申込み後に日程調整を行いますので、開催候補日(3日程度)を提案いただき、お申込み願います。日程を調整し、決定後に社会福祉法人京都聴覚

言語障害者福祉協会法人事業本部からご連絡させていただきます。

(注※)申込み多数の場合は、平成30年度中に開催できない場合もありますのでご了承願います。

(注※)講習会コースの詳細については、下記カリキュラムにてご確認ください。

 

 

講習会に関するお問い合わせ先

社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会法人事業本部

〒604-8437 京都府京都市中京区西ノ京東中合町2番地

電話番号:075-841-8336

ファックス:075-841-8311

 

 ◆「言語としての手話の普及を進めるとともに聞こえに障害のある人とない人とが支え合う社会づくり条例」については、下記URLからご覧ください。

http://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/news/kikoe_jourei.html

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4597

shogaishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?