ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 京都府消費生活安全センター くらしの情報ひろば > 京都府消費生活安全センター悪質商法・不当表示通報サイト

ここから本文です。

京都府消費生活安全センター悪質商法・不当表示通報サイト

ご利用される前に必ずお読みください!

「悪質商法・不当表示通報サイト」について

★悪質事業者や誇大広告等に関する情報を受付中!

・この度、京都府では、訪問販売等で虚偽の説明や迷惑な勧誘行為を行う等、「特定商取引に関する法律」に違反する疑いのある取引を行う事業者や商品の効果等について明確な根拠がないにもかかわらず、効果があるかのように広告を行う等、不当景品類及び不当表示防止法に違反している疑いがある表示に関する情報について、府民の皆様から京都府に通報できるサイトを開設しました。

・ついては、以下の事例のような悪質事業者や不当表示を行っている事業者について、是非、通報してください。

(悪質商法の事例)

・マルチ商法で、「月収100万円も夢ではない。一緒に協力してビジネスをしないか。」「人を紹介するだけで簡単に誰でも儲かるよ。」「借金はすぐに取り戻せる。絶対に損はさせない。」等と不実の事を告げて勧誘する事業者。

・電話で「今度、リサイクルショップをはじめました。不要な衣類等はありませんか。何でも買い取ります。」等と告げ、家に勝手にあがり込み、「こんな古着は買い取れない。貴金属はないのか。」等と告げ、強引に指輪を買い取っていく事業者。

・インターフォン越しに、「こんにちは。消防署の方から消火器の点検に来ました。」「新しい消火器を買っていただければ、古い消火器は無料で回収しますよ。」等と告げ、販売目的を隠したり、不実の事を告げて、消火器を購入させる事業者。

・電話で「先日、ご注文いただいた健康食品の準備が出来ましたので代引で送ります。」等と告げ、注文した覚えがないと断られたにもかかわらず、「確かに注文した記録があります。代金は29800円です。」等と告げ、消費者から注文を受けていない健康食品を送りつける事業者。

→ 悪質商法に関する通報サイトへ
(不当表示の事例)

・実際には、国産有名ブランド牛ではない牛肉であるにもかかわらず、あたかも「国産有名ブランド牛の肉」であるかのようにメニューに表示している事業者。

・サプリメントを飲むだけで、あたかも食事制限や適度な運動をすることなく痩せられるかのような広告をしている事業者。

・エステのホームページに、施術をしなくても、直ちに小顔になるかのように表示している事業者。

・実際には、他社と同程度の内容量しかないにもかかわらず、あたかも「他社商品の2倍の内容量」であるかのように表示している事業者。

→ 不当表示に関する通報サイトへ

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

電話番号:075-671-0030

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?